段勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

段 勤(だん きん、? - 359年)は、鮮卑段部の人物。段末波の子。

生涯[編集]

父の段末波は段部大人であった。

338年3月、段部が後趙により滅ぼされると、段勤は後趙に服属し、建義将軍に任じられた。

350年1月、後趙の武徳王李閔(後の冉閔)の専横により国が乱れると、これに反旗を翻す者が相次いだ。この混乱に乗じ、段勤は衆を率いて黎陽に移り、これを拠点とした。この時、趙王を自称して前燕に帰順した[1]

8月、段勤は同じく後趙から自立していた張賀度・劉国・靳豚と昌城で合流すると、結託して冉閔のいるへ侵攻した。冉閔は行台都劉羣王泰・崔通・周成を始めとした歩兵騎兵12万を与え、黄城に駐屯させた。また、冉閔自らも精鋭8万を率いて軍の後詰となった。両軍は蒼亭において戦闘となり、連合軍は大敗を喫し、靳豚が討ち取られた。後に段勤は立義将軍に任じられた。

352年3月、段勤は胡人数万を従えて繹幕に割拠すると、趙帝を自称した。4月、前燕の建鋒将軍慕容覇(後の慕容垂[2]らが段勤討伐の兵を挙げ、繹幕へ向かった。慕容覇が繹幕へ進出すると、段勤は弟の段思と共に城を挙げて降伏した。慕容儁は罪を赦し、尚書郎に任じた。

358年10月、常山の大樹が根元から倒れ、根の下より70の璧と73の珪が見つかり、いずれも光色は精奇であり、有異の常玉であった。慕容儁はこれを嶽神の命と捉え、段勤を派遣して、これらを太牢に祀らせた。

359年2月、段勤は前燕の者に殺害された。弟の段思は逃亡した。

参考資料[編集]

  • 晋書』(列伝第三十三、慕容儁載記)
  • 資治通鑑』(巻第九十八、巻九十九、巻百)

脚注[編集]

  1. ^ 晋書段匹磾伝による
  2. ^ 晋書段匹磾伝によると、討伐に向かったのは慕容恪であるという