段承根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

段 承根(だん しょうこん、生年不詳 - 450年)は、中国五胡十六国から北魏にかけての文人本貫武威郡姑臧県

経歴[編集]

段暉の子として生まれた。はじめ西秦にあり、西秦が衰えると、父とともに吐谷渾の慕璝を頼った。慕璝が北魏につくと、承根も北魏に帰順した。

承根は学問と弁論を好み、文才があった。司徒崔浩の推挙を受けて、著作郎となった。承根の文章は当時の人に重んじられたが、行動は軽薄のそしりを受けた。敦煌公李宝に強く気に入られ、承根は李宝に詩を贈った。

450年太平真君11年)、崔浩が処刑されると、承根は宗欽らとともに死罪となった。

伝記資料[編集]