段物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

段物(だんもの)とは、広義には、日本音楽において段構成のある楽曲の総称。より厳密には主に次の意味があるが、特に3番目の箏曲の1種を指す場合が多い。

  1. において、その曲の謡いどころや舞いどころ・囃子どころなどの段うち、節などの定型がないもの。その曲の中心となる段。
  2. 浄瑠璃において、道行、景事などのうち、それぞれの段で特に有名・特殊な段の呼び方。
  3. 箏曲において、歌がなく、段構造を持つ(1曲が複数の段からなる)純楽器曲の総称。「調物」などとも呼ばれる。整然とした楽式構造を持つ。

能における段物には、「熊野」「文ノ段」「海士」の「玉ノ段」などの段歌がある。

箏曲における段物には、「五段の調」 (北島または生田検校作曲・富野勾当説も) 、「六段の調」 (八橋検校作曲・北島検校作曲説も) 、「七段の調」 (作曲者未詳・安村検校作曲説も) 、「八段の調」 (八橋検校作曲・別に倉橋検校作曲説も) 、「九段の調」 (作曲者未詳・北島検校作曲説) 、「雲井九段」 (三橋検校作曲) 、「乱輪舌」 (八橋検校作曲・倉橋検校作曲説も) などの楽曲がある。箏曲の段物において、各段は通常104拍 (52拍子) で構成される。ただし、最初の段においては、その前(導入部)に4泊・2拍子(「八段の調」では6拍・3拍子)加わる[1]。この部分は「換頭」と呼ばれることがある。

脚注[編集]

  1. ^ Adriaansz 1967, p. 28

参考文献[編集]

  • Adriaansz, Willem (1967), “Research into the Chronology of Danmono”, Ethnomusicology 11: 25–53, doi:10.2307/850497 
  • Adriaansz, Willem (1970), “A Japanese Procrustean Bed: A Study of the Development of Danmono”, American Musicological Society 23: 26–60, doi:10.1525/jams.1970.23.1.03a00020