殷同

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
殷同
Yin Tong2.jpg
Who's Who in China 5th ed. (1936)
プロフィール
出生: 1889年光緒15年)[1]
死去: 1942年民国31年)12月30日
Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 中華民国北京特別市
出身地: 清の旗 江蘇省常州府江陰県
職業: 政治家・軍人
各種表記
繁体字 殷同
簡体字 殷同
ピン音 Yīn Tóng
注音符号 |ㄣ ㄊㄨㄥˊ
和名表記: いん どう
発音転記: イン トン
ラテン字 Yin T'ung
テンプレートを表示

殷 同(いん どう)は、中華民国の政治家・軍人。北京政府国民政府に属した。後に親日政権である中華民国臨時政府、南京国民政府(汪兆銘政権)でも要人をつとめた。桐声

事績[編集]

日本通の四巨頭[編集]

南京陸軍第4中学を卒業した後に日本に留学し、陸軍経理学校、陸軍高等経理学校を卒業した[2]。帰国後の1913年民国2年)に、江蘇陸軍第3師第1旅参謀長に任命される。1917年(民国6年)、参戦軍経理科長となった。[3][4][5]1921年(民国10年)、陸軍部統計科科長、淄川鉱業所所長、[6]両淮四岸公所董事をつとめる。1928年(民国17年)、河北省塩務監督員となった。[3][4]この頃までに、殷同は殷汝耕袁良程克とともに、日本通の四巨頭と目されるようになっている。[7]

国民政府が成立した後の1933年(民国22年)5月、殷同は塘沽協定の交渉で中国側委員の1人となっている。翌月、行政院駐平政務整理委員会顧問兼華北戦区接収委員会委員に任ぜられた。[3][4][5]以後、駐平政務整理委員長・黄郛の「ブレーン・トラスト」の1人と目されることになり[8]、日本との交渉などにあたっている。同年10月、北寧鉄路管理局局長に異動した。1935年(民国24年)に鉄道部顧問、1937年(民国26年)に鉄道部参事を歴任している。[3][4][5]

親日政府での活動[編集]

同年12月、王克敏中華民国臨時政府を樹立すると、殷同もこれに参加した。翌年3月、建設総署長官に任命されている。汪兆銘(汪精衛)が南京国民政府を樹立する直前の1940年(民国29年)3月22日に、殷は華北政務委員会常務委員兼建設総署督弁に任命された(3月30日、南京国民政府は正式成立)。[3][4][5]

翌年4月、殷同は中央政治委員会第2期延聘委員も兼任する(第3期でも同職に就く)。このほかにも、華北交通株式会社副総裁、新民会副会長、籌堵黄河中牟決口委員会主任委員、華北河渠委員会委員長などを歴任(兼任)している。[3][4][5]1942年(民国31年)12月30日、心臓病に伴う尿毒症の併発により北京特別市で死去。享年54(満53歳)。[9]

[編集]

1940年前後の殷同
  1. ^ 鄭と徐主編(2007)、1247頁によれば、1890年説もあるとされる。
  2. ^ 鄭同上、徐同上、劉国銘主編(2005)、1986頁、『朝日新聞』(東京)1942年12月31日、2面による。東亜問題調査会編(1941)、2頁は陸軍通信学校に所属していた、としている。
  3. ^ a b c d e f 鄭。
  4. ^ a b c d e f 徐主編(2007)、1247頁
  5. ^ a b c d e 劉国銘主編(2005)、1986頁
  6. ^ 劉国銘主編(2005)、1986頁は、1928年就任とする。
  7. ^ 何(2006)。
  8. ^ 東亜問題調査会編(1941)、3頁。
  9. ^ 「殷同氏逝去」『朝日新聞』(東京)1942年12月31日、2面。

著書[編集]

  • 『籌堵黄河中牟決口文件輯要』1941年(編集)
  • 『河工図譜』1942年

参考文献[編集]

 Flag of the Republic of China 1912-1928.svg 中華民国臨時政府
先代:
(創設)
建設総署長官
1938年3月 - 1940年3月
次代:
華北政務委員会
建設総署督弁に改組)
 Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 南京国民政府(汪兆銘政権
先代:
中華民国臨時政府
建設総署長官から改組)
華北政務委員会
建設総署督弁
1940年3月 - 1942年12月
次代:
余晋龢