殷礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

殷 礼(いん れい、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代にかけて活躍した人物。揚州呉郡雲陽県(曲阿)の出身。字は徳嗣。子は殷基。孫は殷巨・殷祐。三国志の注に引く『通語』に略伝が載せられている。

略歴[編集]

貧家の子として生まれたが、若い頃より質実にして深い見識を備えていた為、呉郡の名族であった顧邵の高い評価を受け、郷里に名を知られるようなった。やがて郡の下役を経て、19歳で官吏となり県丞代行となった。

占術に通じていた事から、孫権に召し出され、郎中を拝した。張温に随行して蜀漢へ赴くと、諸葛亮にその才能を絶賛された。張温は帰国すると殷礼を元の職務に戻さず、尚書戸曹郎に転任させたが、これが縁故による人事であると弾劾を受け、後に張温は失脚することとなった。殷礼は官職を歴任した。

また赤烏年間、曹芳(斉王)が後を継いだ隙を衝くべく、蜀に涼州雍州を攻めさせ、諸葛瑾朱然襄陽陸遜朱桓寿春、孫権自らも淮水を超えて青州徐州へ親征し、国運をかけた決戦を挑むべしと進言したが、用いられなかったという(三国志呉主伝注引『漢晋春秋』)。

零陵太守となった時に在職のまま病没した。

子は呉末期に無難督となり、『通語』などを著した。

参考文献[編集]

  • 陳寿『三国志』