殺人列車への招待

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
十津川警部シリーズ > 殺人列車への招待

殺人列車への招待』(さつじんれっしゃへのしょうたい)は、西村京太郎の長編推理小説1987年角川書店から刊行された。

ストーリー[編集]

ある日、捜査一課に「十津川警部と殺人ゲームがしたい」と電話がかかってくる。翌日、「寝台特急『さくら』の車内で『ア』で始まる名前の女を殺す」と挑戦状が届いた。果たして相手は悪戯なのか、それとも本気なのか。

主な登場人物[編集]

警視庁捜査一課[編集]

その他[編集]

  • 田口記者
    「中央新聞」記者。
  • 川島徹
    義兄一家殺害事件の犯人。30歳。
  • 中山
  • 安藤ゆみ
    さくら」の乗客。25歳。
  • 阿部清美
    「さくら」の乗客。40歳。
  • 日野まゆみ
    「太陽プロ」所属のタレント。本名は青木ゆみ子。21歳。
  • 戸田
    長崎県警警部。
  • 新田隆
    ヤクザ
  • 青山
    東京駅派出所初動捜査班警部。
  • 山下
    出雲4号」車掌。
  • 金村慧
    「M電気」営業部第一営業課。
  • 森下
    「M電気」営業部第一営業課課長。42歳。
  • 林健一郎
    不動産会社「K産業」勤務。
  • 小野洋一
    まゆみの知人。26歳。
  • 末広誠
    まゆみの知人。36歳。
  • 中村幸夫
    まゆみの知人。30歳。
  • 三宅良
    金村の同僚。40歳。
  • 平岡明
    金村の知人。31歳。
  • 原口
    科捜研技官。
  • 白井謙
    「中央新聞」記者。田口の後輩。
  • 白井美保
    謙の妻。
  • 平田
    群馬県警刑事。
  • 前田ゆかり
    OL。22歳。
  • 池田
  • 白石要
    「中央化学」勤務。
  • 白石冴子
    要の妻。
  • 白石徹
    要の弟。バイオ研究者。
  • 牧田
    南青山のマンションの住人。
  • 松山昭正
    「K生命」渉外課長。
  • 松山淳
    昭正の弟。ミニコミ誌編集者。
  • 三宅明子
    大学生。ミニコミ誌制作のアルバイト。
  • 江上秀介
    白バイ隊員。
  • 森口
    「さくら」専務車掌。
  • 竹内隆介
    ブローカー。29歳。
  • 岩田
    府中本町駅駅長。