殿賀駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
殿賀駅
(2003年8月)
(2003年8月)
とのが
Tonoga
木坂 (1.9km)
(2.1km) 上殿
所在地 広島県山県郡加計町下殿河内
所属事業者 西日本旅客鉄道
所属路線 可部線
キロ程 50.0km(横川起点)
電報略号 ノカ
駅構造 高架駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
10人/日(降車客含まず)
-2002年-
開業年月日 1969年(昭和44年)7月27日
廃止年月日 2003年(平成15年)12月1日
備考 路線廃止にともなう廃駅。
テンプレートを表示
階段を上ったところに待合所があった

殿賀駅(とのがえき)は、広島県山県郡加計町(現在の安芸太田町)下殿河内(しもとのごうち)に存在した西日本旅客鉄道(JR西日本)可部線廃駅)である。

可部線非電化区間(可部 - 三段峡間)の廃線に伴い、2003年(平成15年)12月1日に廃止された。

駅構造[編集]

1面1線の単式ホームのみを持ち、高い築堤上にあった高架駅無人駅駅舎はなく、線路の南側にあるホームの上に待合所があるだけであった。待合所の裏側(南側)の壁には「とのがえき」と書かれていた。

駅の周辺[編集]

駅の南側を国道186号国道191号国道434号重用)が通り、国道186号の南側を太田川が流れている。

国道186号と太田川の間には加計町立病院(現:安芸太田町加計病院)と加計町立(現:安芸太田町立)殿賀小学校がある。国道186号には路線バスが通っているが、JR可部線を使って加計町立病院に通院していた人もいた。

歴史[編集]

  • 1969年(昭和44年)7月27日 - 国鉄可部線 加計 - 三段峡間開通時に開業。旅客駅
    • 当時の所在地表示は広島県山県郡加計町下殿河内であり、それは廃止まで変わらなかった。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR西日本が継承。
  • 1988年(昭和63年)7月21日 - 未明に梅雨末期の集中豪雨により殿賀駅北側の江河内谷川上流で土石流が発生し、その付近だけで10人の犠牲者を出す。一方、JR可部線の築堤が砂防ダムの役割を果たし、殿賀駅より低い場所にある加計町立病院や民家はあまり被害を出さなかった。
  • 2003年(平成15年)12月1日 - 廃止。

駅名の由来[編集]

1954年(昭和29年)8月1日に加計町の一部になった駅付近の村の名称から。村名は村内にある2つの大字である下筒と下殿河内から一文字ずつ採って命名された。

現状[編集]

待合室とホームが残され、線路も一部が敷かれたままとなっている。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
可部線
木坂駅 - 殿賀駅 - 上殿駅

関連項目[編集]