母をたずねて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

母をたずねて』(Little Quacker、1950年1月7日)はトムとジェリーの作品の一つ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

雌のアヒルが水際の巣で、大事そうに卵を温めていた。しかし水浴びで巣を離れた隙に、トムが卵を失敬してしまう。トムは早速台所に駆け込むと、ガスコンロにフライパンをかけ、目玉焼きを作ろうとする。しかし卵を割ってみると、出てきたのはアヒルの雛。そこでトムは予定を変更して、子アヒルのローストを作ることにした。

料理の本には、「まずアヒルに食パンを詰め込む」と書かれている。そこで何も知らない子アヒルに食パンをついばませる。肉きり包丁を構え、首を刎ねようとするトム。しかしすんでのところで子アヒルは逃げ出し、ジェリーの巣に逃げ込む。こうして、ジェリーと子アヒル、トムとのドタバタが始まる。

一方、行方不明になった卵を母アヒルが捜し求めていたところ、向こうのほうから子アヒルとジェリー、そしてそれを芝刈り機で追い回すトムが突進してくる。子アヒルと涙の再会を果たす母親だったが、トムの芝刈り機に巻き込まれ、胸の羽根を刈り上げられてしまった。子を食べられかけ、胸を露わにされてしまった彼女はカンカンに怒り、マッチョな夫アヒルを呼び出す。母アヒルの胸の羽根を刈り上げられた夫アヒルは怒り心頭だった。トムは一目散に逃走を図るも誤って木に激突し、夫アヒルの操る芝刈り機で全身の毛を刈り上げられてしまう。

一方、アヒル母子と仲良くなったジェリーは、皆で水遊びを楽しむのだった。

備考[編集]

アヒルなどの水鳥は、生まれて最初に目にした動く物体を「母親」と見なす性質がある。この性質『刷り込み』をモチーフにしたトムとジェリーの短編作品が、『素敵なママ』である。トムを母親と見なした子アヒルと、それを食べようとするトム、そしてアヒルの誤解を解こうとするジェリーのドタバタが描かれている。

一方、この作品で子アヒルが最初に眼にした動く物体は「トム」あるいは「胡椒の容器」だが、子アヒルは誤解することなく、まだ見ぬ母アヒルを「正式な母親」として認識している。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系および他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。