母親英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
母親英雄
Мать-героиня
MotherHeroine.jpg
称号受賞とともに贈られる母親英雄勲章
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦による賞
種別 英雄称号
受章資格 一般市民
受章条件 10人以上の子どもの子育て 
状態 廃止
歴史・統計
創設 1944年7月8日
総授与数 430,000

母親英雄(ロシア語: Мать-героиня)は、ソビエト連邦英雄称号

概要[編集]

1944年7月8日ソビエト連邦最高会議幹部会により主に10人以上の子(実子・養子関係なく)を育てた母親を対象として制定された[1]。また、その家族やシングルマザー等に対する補助金の増額などを定めた法規は、称号廃止までに15回改正されている。単なる英雄称号ではなく、母親と子供は勿論、妊婦やシングルマザー、その家族などの健康促進のために援助を行う目的があった[1]

通常、母親英雄称号は10人目の子供の最初の誕生日に合わせて贈られた。この際、英雄的行動や従軍、その他職業病などで名誉ある死を遂げた子供も勘定に含む。

母親英雄称号は10人以上の子供を育てた母親に贈られたが、同時に母性名誉勲章(7~9人の子供を育てた母親)や母性記章(5~6人の子供を育てた母親)なども制定されていた[1]

廃止されるまでの間に英雄称号は約43万人の女性に贈られたと推測されており、彼女らには退職年金や公共料金、食料・物資の配給などでいくつかの特権が付与された[1]。また、受賞者には母親英雄勲章も贈られたが、現在佩用する際には、ロシア連邦で制定されている他の英雄称号より下位に配置しなければならない[2]

ソ連崩壊後[編集]

1991年ソビエト連邦が崩壊すると、影響下にあった国では相次いで母親英雄が廃止された。しかし、その後形を変えて再び制定されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Decree of the Presidium of the Supreme Soviet of the Soviet Union of July 8, 1944” (Russian). Legal Library of the Soviet Union (1944年7月8日). 2012年2月25日閲覧。
  2. ^ Decree of the President of the Russian Federation of September 7, 2010 No 1099” (Russian). Russian Gazette (2010年9月7日). 2012年2月25日閲覧。
  3. ^ Gender, Politics and Society in Ukraine, University of Toronto Press, 2012, ISBN 1442640642

参考文献[編集]