毎メートル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
毎メートル
記号 m-1, /m
SI組立単位
波数など
定義 m-1
テンプレートを表示

毎メートル(まいメートル)は、長さの逆数次元物理量を測るSI単位である。1メートルあたり無次元量が1あることを示す。

長さのマイナス1乗の次元を持つさまざまな物理量を測るのに使われる。これらのいくつかには毎メートルやその10の累乗倍に専用の組立単位名があるが、毎メートルと同義ではなく、他の物理量を表すのに使うことはできない。

SI接頭辞をつける場合は、たとえばkm−1はキロ毎メートルではなく毎キロメートルと読み、1キロメートルあたり無次元量が1あること、つまり1/1000毎メートルを意味する。

物理量の例[編集]

波数[編集]

波数が1毎メートルであるとは、1メートルあたりが1周期あるということである。

毎メートル、毎センチメートルが使われる。1毎センチメートルをカイザー (kayser) と呼び、単位記号はK。ただしケルビンと紛らわしくほとんど使われない。初期にはバルマー (balmer)、リュードベリ (rydberg) という単位名称も提案された。

屈折度[編集]

屈折度が1毎メートルであるとは、焦点距離が1メートルであるということである。

1毎メートルをディオプター (diopter) またはディオプトリー (dioptrie) と呼び、毎メートルという呼び名は使われない。単位記号はDまたはDptrである。

なお凸レンズの屈折度はプラスだが、凹レンズの焦点は手前にあるので、屈折度はマイナスになる。

距離に対する減衰係数[編集]

減衰係数が1毎メートルであるとは、1メートル通過するとエネルギーが1/eになるということである。

X線ガンマ線分野では毎センチメートルが使われる。

なお減衰係数には、このほかに、面密度に対する減衰係数もあり、これの次元や単位はまた異なる。

曲率[編集]

関連項目[編集]