増子女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

増子女王(ますこじょおう、正徳元年10月19日1711年11月28日) - 享保18年10月3日1733年11月9日))は、江戸幕府第9代将軍徳川家重将軍世子時代の御簾中(正室)。伏見宮邦永親王の第四王女。幼称は比宮(なみのみや)。院号は證明院(しょうめいいん)。には培子と記されたものもある。家重の父・徳川吉宗紀州藩主時代の御簾中だった理子女王は叔母にあたる。

来歴[編集]

享保16年(1731年)に家重と婚姻し、江戸城西御丸に入って「御簾中様」と呼ばれた。享保17年(1732年)には家重と船で隅田川を遊覧した。

享保18年(1733年)に懐妊したものの、9月11日に早産となり、生まれた子はまもなく死去、増子も産後の肥立ちが悪く10月3日に23歳で死去した。寛永寺に葬られ、従二位が追贈された。戒名は證明院智岸真恵大姉。

家重はその後二度と正室を迎えることはなかった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「幕府祚胤伝」(『徳川諸家系譜』第2巻、続群書類従完成会)