比津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
比津駅
Hitsu stn 1.jpg
伊勢奥津駅へ向け発車するキハ11形(2008年1月)
ひつ
Hitsu
伊勢八知 (3.1km)
(3.8km) 伊勢奥津
所在地 三重県津市美杉町八知
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 名松線
キロ程 39.7km(松阪起点)
電報略号 ヒツ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
5人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1935年昭和10年)12月5日[1]
備考 駅員無配置駅
テンプレートを表示
駅上方からホームを望む(2008年1月)
かつての比津駅待合所(2006年6月)

比津駅(ひつえき)は、三重県津市美杉町八知にある、東海旅客鉄道(JR東海)名松線である。

歴史[編集]

家城 - 伊勢奥津間の建設計画が立案された当初、比津駅の設置予定はなかった[2]。そこで当時の八知村長や村の有力者は建設を所管する鉄道省岐阜建設事務所へ何度も陳情し、駅員を配置しない簡易駅として設置することが認められた[2]第二次世界大戦中は、各駅からの乗車人数が1日数十人までに制限されたため、駅員のいない当駅に乗車希望者が殺到するという事態が発生した[3]

戦後、駅舎を建設し寄付すれば駅員を配置することを認める決定がなされたため、八知村は1947年(昭和22年)6月に駅舎建設を開始、同年8月2日に鉄道省へ引き渡した[2]。これを受け駅に電話を引き入れ、同年10月1日から駅員が2名配置された[2]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。線路の西側にホームが配置されている。

松阪駅管理無人駅。ホーム上に開放式の待合所がある。長らく木造の待合所が残っていたが、2007年秋に建て替えられた。

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。なお、2009年度〜2015年度は、2009年10月から2016年3月まで行われていたバス代行輸送分を含んでいる。

年度 一日平均
乗車人員
1954年[7] 74
1956年[8] 73
1998年 19
1999年 18
2000年 17
2001年 16
2002年 13
2003年 11
2004年 12
2005年 12
2006年 12
2007年 14
2008年 12
2009年 9
2010年 7
2011年 5
2012年 5
2013年 5
2014年 4
2015年 4
2016年 6
2017年 5

駅周辺[編集]

駅の近くには小規模ながら比津集落がある。また、三重県道666号を東に進んで比津峠を越えると駅から45分ほどで多気の集落に入る。ここは南北朝時代から戦国時代にかけて伊勢国で大きな勢力を持った国司北畠氏の本拠地であった。北畠居館跡(現北畠神社)・霧山城跡がその痕跡として残っている。

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
名松線
伊勢八知駅 - 比津駅 - 伊勢奥津駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』25号 紀勢本線・参宮線・名松線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月10日、26-27頁。
  2. ^ a b c d e f g h 美杉村史編集委員会 1981, p. 164.
  3. ^ 美杉村史編集委員会 1981, p. 166.
  4. ^ 「運輸省告示第248号」『官報』1947年9月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ [1](国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ “JR東海、来年3月改正で名松線全線再開へ…6年5か月ぶり”. Response. (2015年12月18日). http://s.response.jp/article/2015/12/18/266458.html 2015年12月18日閲覧。 
  7. ^ 美杉村史編集委員会 1981, p. 167.
  8. ^ 美杉村史編集委員会 1981, p. 171.

参考文献[編集]

  • 美杉村史編集委員会『美杉村史 下巻』美杉村役場、1981年3月25日、997頁。全国書誌番号:82006004

関連項目[編集]