比留間亮司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ひるま たかし
比留間 亮司
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都青梅市
生年月日 (1967-11-16) 1967年11月16日(53歳)
最終学歴 早稲田大学法学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 沖縄福岡ラジオセンター東京アナウンス室→福岡→静岡→ラジオセンター(ディレクター業務→名古屋→東京アナウンス室
活動期間 1991年 -
配偶者 あり
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

比留間 亮司(ひるま たかし、1967年11月16日 -)は、NHKシニアアナウンサー

人物[編集]

早稲田大学高等学院を経て早稲田大学卒業後、1991年入局。

沖縄時代より基地問題や日韓関係の取材をし、韓国に人脈を築いた。また福岡と静岡の両方に愛着があり、転勤直後、博多祇園山笠の起源に関わる円爾の墓所を見つけたことなど、自身と福岡・静岡との繋がりをブログに綴っている[1]。趣味は世界の滝の写真を撮ること。

娘がいる[2]

好きな食べ物はソルロンタン。

現在の担当番組・業務[編集]

過去の担当番組[編集]

  • 630沖縄(キャスター)
  • おはよう日本(リポーター)
  • NHKジャーナル
    • (2000年8月4日)佐藤敏彦の代理キャスター
    • (2002年8月19日〜23日)梅津正樹の代理キャスター
    • (2009年10月5日〜9日)鹿野睦の代理キャスター
  • ホリデーインタビュー(2006年12月23日、森口博子さんにインタビュー)
  • 将棋界の一番長い日 第66期A級順位戦最終局(2008年3月3日)
  • 第21期竜王戦第6局(2008年12月10日・11日)[3] など
  • ETV特集・『日本と朝鮮半島2000年』第2回 リポーター(Eテレ)
  • 徹底討論 ふるさと再生スタジアム(福岡局)[4]
  • フジヤマの金サマースペシャル(メール投稿受付センター担当)(2010年7月16日)

脚注[編集]

  1. ^ 福岡局は今日に至るまでアナウンスブログが存在しない(一部番組にのみ存在)
  2. ^ おはよう日本 九州沖縄2008年12月8日放送における中継より。
  3. ^ この期は、勝った方が初の「永世竜王」を名乗るとあって注目を集めていた。後藤が担当した第4局は羽生善治が先に王手をかけていた中で行われたが、前年まで4連覇していた渡辺明が逆襲。続く第5局も制したため、比留間アナに大一番進行のチャンスが巡ってきた。しかしこの対局も渡辺が制し、決着は最終局にもつれ込んだ。
  4. ^ 最後の担当回は編成の都合もあり、放送が静岡への転勤後となった。