比較基準方式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

比較基準方式(ひかくきじゅんほうしき)とは、自社と競合企業の費用を比較した上で、あるサービスに対する基準費用を算定した費用を元に、料金を設定する方式である。英語では、ヤードスティック方式、Yardstick regulation である。

比較基準方式の長所・短所[編集]

道路関係四公団民営化推進委員会によるレポート「料金制度に係る主な論点」[1]において、以下のような長所、短所が指摘されている。

長所[編集]

  • 費用削減努力次第で、事業者は利潤確保できる(効率化を促進)

短所[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]