毛の王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

毛の王国(けのおうこく)は、漫画ボボボーボ・ボーボボ』に登場する架空の国。首都は、不明。

毛の王国[編集]

再開された毛狩りによって世界を征服しようとしていたマルハーゲ帝国(の4世世代)に最期まで抵抗していた国。

また、3世世代の活動時期(作中の100年前)にも、最大の抵抗勢力であったことが明かされた。

4世世代が毛狩りを再開させた原因を作ったのはビビビービ・ビービビであり、ビービビが連れてきた毛狩り隊によって毛の王国は滅ぼされた。

TUYOSI(ツヨシ)
声 - 佐藤正治
誕生日は12月20日。O型。
ボーボボの父。毛。毛の王国が滅亡した日に毛王の証「毛ンペラー」をボーボボに託し死んだと思われていたが、生きていた。なぜ彼が毛王の証を所持していたのかは不明。ビービビ戦で再登場する。先端部分は引っこ抜くと剣になる。16歳らしい。
バババーバ・バーババ
ボーボボの兄。滅ぼされた毛の王国を再建したと思われていた人物。実は二十年前、ボーボボによって脱出ポッドごと宇宙に追放されていたため、本編には全く登場しない。ただし、ビービビと連絡を取れていた描写が見られる。ボーボボの処遇をビービビに任せた張本人だが、もともと争いごとに興味が無い性格だった。ボーボボに彼の打倒を依頼した当の破天荒は、てっきり戻ってきているものと勘違いしていた。第一部の7話でボーボボが彼の名前と同じ技を使っていたが、関係は不明。
ビビビービ・ビービビ
ボーボボの兄。兄バーババと共に毛の王国を再建した(当のバーババは、宇宙に飛ばされたため、ビービビ一人で再建した可能性がある)。五大毛真拳の頂点に立つ真拳であるカミの毛真拳の使い手で、その頭脳により千年先を行く文明を築く。ビタ、ミンという2人の娘がいる。
性格は凶悪で非情な卑劣漢。実の弟であるボーボボとベーベベにも全く容赦が無いが、娘達には優しい。実は毛の王国の人間でありながら毛狩り真拳の使い手でもあり、毛の王国の滅亡や毛狩りの再開は彼が原因である。一度はボーボボを殺すまでに至ったものの、最期は生き返ったボーボボに敗れる。ボーボボ達に許され、とどめを刺されることはなかったものの、瀕死の状態の所をツルリーナ3世に毛玉を奪われ死亡する。その後埋葬されたが、ツルリーナ3世消滅時、3世から抜け出した毛玉が墓の下の身体に戻り、生き返った。
ブブブーブ・ブーブブ
ボーボボの姉。ワキ毛真拳の使い手。武器は三節棍とヌンチャク。容姿は基本的に田ボにそっくりで、違いはツリ目で服の胸元が開いている点(アニメ版での田ボの衣装)。そのため、出番を取られると危惧した田楽マンからはひどく嫌われている。ボーボボの姉だけあって何を考えているか全く分からず、行動に脈絡がない。血を見るのが大好きな超残虐な性格でもある。また微量のアルコールでも酔う超酒乱で、そうなると敵味方関係なく襲い掛かる。首領パッチに惚れる。ボーボボを「新・毛の王国」に呼んだ張本人。本人曰く、兄バーババ達の魔の手から逃れるためアリの巣に隠れていた。ビービビに毛玉を砕かれて死亡したが、後に天国までボーボボたちに迎えに来てもらい生き返った(葬儀はそのまま行われており、自分自身の葬儀に参加した)。
『真説ボボボーボ・ボーボボ』最終話ではビービビの墓参りをしている。
ベベベーベ・ベーベベ
ボーボボの兄。スネ毛真拳の使い手。年齢は28歳。
兄貴絶対主義の性格でプライドが高く自己中心的だが、弟思いの部分もある。兄弟の中ではかなりまともで良識がある。普段は前髪で顔が見えないが、その素顔はひと昔前[いつ?]少女漫画のような可愛らしいキラキラ眼(本人はこの素顔を見られることを嫌っている)。幼少期に第二のガネメと化した首領パッチによって猫にされてしまう(この時、ボーボボは首領パッチに10円を渡していた)。しかし、物語が始まる20年前にスノーボード大会で優勝した。その後ハイドレートの手によって洗脳され、以後はハイドレートの左腕として活動していた。なお、時期は不明だが、猫から人間に戻ることは出来たようだ。ボーボボとの戦いに敗れ、洗脳を解かれたとともに戦意を失う。その後、いずこかへと消えて行ってしまった。
『新・毛の王国編』では、ビービビの野望に加担しようと毛の王国に現れたが、ボーボボのせいでビービビに敵視されてしまい、否応無しにボーボボと共闘することになる。実はビービビに挑もうとするボーボボの身を案じており、敵として戦うことでボーボボを力ずくでも止めようとしている。その後、シゲキXら三強のスカウトを受け晴れて新・毛の王国の一員となるが、ボーボボ達と再戦する前に酒乱状態のブーブブに倒される。その後、ボーボボ達と共にビービビと戦うことになり、殺されたボーボボを破天荒と共にハジケリスト地獄まで迎えに行って復活させた。ブーブブには苦手意識を持たれている。
『真説ボボボーボ・ボーボボ』最終話ではビービビの墓参りをしている。アニメに登場しているが、クレジットに名前が出なかったため声優は不明。
ボボボーボ・ボーボボ
主人公。7代目鼻毛真拳伝承者。
ビタ
ビービビの娘で、ミンの姉。ビービビとの戦いではビタ本人ではなくつけものが変装していて、本人はつけもの王国にいたはずなのだがいつの間にか普通にいた。
ミン
ビービビの娘で、ビタの妹。ビービビの戦いでは姉とともに天の助が人質に捕っていたが純粋な言葉で天の助を説得。
破天荒(はてんこう)
カギ真拳の使い手。
詳しくは、ハジケ組を参照。