毛内氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
毛内氏
家紋
本姓 桓武平氏千葉氏支流
種別 武家
士族
出身地 陸奥国
主な根拠地 陸奥国
凡例 / Category:日本の氏族

毛内氏(もうないし)は、陸奥国を本拠とした桓武平氏千葉氏の支流で戦国時代から江戸時代にかけて津軽氏に仕えた。

歴史[編集]

毛内館(黒石市)の館主だったが、津軽為信の時代に津軽氏の配下となった。同家は弘前藩士として代々300石用人を務め、幕末の新選組隊士、御陵衛士である毛内有之助が有名である。毛内有之助(良胤)の兄毛内茂胤(嘉胤)の息子陸軍中将毛内靖胤・海軍少将毛内效兄弟は兄弟で将軍となった珍しい例である。

系図[編集]

千葉常胤

 (十代略)

 ┃   
千葉清臣 
 ┃
(十三代略)
 ┃ 
毛内重胤   
 ┃
繁行    
 ┃
繁元  
 ┃
繁貞
 ┃
繁利
 ┣━━━━━┓
茂栄    村山滋朝
 ┃
(三代略)
 ┃ 
義巧茂粛
 ┣━━━━━┓
茂幹    和田太左衛門
 ┃
裕胤  
 ┣━━━━━┓
茂胤     良胤
 ┣━━━━━┓
靖胤