毛利元勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

毛利 元勝(もうり もとかつ、正保3年(1646年) - 元禄10年12月3日1698年1月14日))は、長州藩一門家老である厚狭毛利家の4代当主。

父は毛利元宣。正室は右田毛利元倶の娘。子は毛利元衡。養子は毛利就久通称は孫六、一格。は元勝、宣勝。

生涯[編集]

正保3年(1646年)、一門家老毛利元宣の子として生まれる。寛文5年(1665年)、父の隠居により家督を相続する。家老として、氷上山興隆寺への代参、幕府巡見使の供応役などを務める。天和2年(1682年)、右田毛利分家毛利雅信の次男の虎槌(就久)を養子に迎える。天和3年(1683年)、就久に家督を譲り隠居する。

元禄10年(1697年)12月3日死去。享年52。

参考文献[編集]

  • 「山陽町史」