毛利元重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
毛利元重
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 延宝4年(1676年
死没 宝永3年8月12日1706年9月18日
改名 長吉(幼名)→松平昌盛→昌方→毛利元重
別名 通称:監物
官位 従四位下大監物
長州藩越前福井藩→長州藩
氏族 毛利氏
父母 父:毛利綱広、母:梨木永祐娘・房子
養父:松平昌親
兄弟 吉就吉広元重、良、品、勘、幸、類ら
養兄弟:松平綱昌松平吉邦
大串弁之助娘
元直
テンプレートを表示

毛利 元重(もうり もとしげ)は、江戸時代前期から中期にかけての長州藩藩主家の一門。官位従四位下大監物、後に監物。

生涯[編集]

長州藩2代藩主・毛利綱広の五男として誕生。母は梨木永祐の娘・昌寿院(房子)。5代藩主・毛利吉広の同母弟。

幼名は長吉元禄3年(1690年)7月5日、跡継ぎのいなかった福井藩7代藩主・松平昌明(のちの吉品)の養子となる。これは、父・綱広が結城秀康の外孫(すなわち長吉が昌明と同じく秀康の曾孫)であったこと、また昌明自身が異母兄(綱広の長男で長吉の長兄)・吉就の母方の伯父にあたるという縁によるものであった。この時に松平昌盛(まつだいら まさもり)、のちに松平昌方(まつだいら まさかた)に改名する。同5年(1692年)2月15日、従四位下・大監物に叙任する。同12年(1699年)7月、多病との理由により養子縁組を解消し、実家に戻る(5月末に離縁し、6月1日に毛利復姓とも)。この離籍以後は毛利元重を称す。また、通称を監物とし、宍戸権之助を付役として江戸青山の長州藩江戸藩邸中屋敷や萩城下で過ごした。宝永3年(1706年)日死去。享年30。

その他[編集]