毛利子来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

毛利 子来(もうり たねき、1929年11月27日 - 2017年10月26日)は、日本小児科医。子供・障害児に関する著書を多数刊行している。

経歴[編集]

千葉県生まれ。父は内科医、名前は、詩経の中の「霊台」の箇所に出てくる成語から取られたもの。帝が民の楽しみのために霊台の建設を企てて呼びかけたところ、女子どもまでもがやってきたというくだりから取られたもので、「子どももやって来る」の意。ふつう、「子来」を「たねき」と読んでもらえないので、自ら「たぬき先生」と称している。父親は第二次世界大戦の終了3日前に戦場で拳銃自決。戦時中、岡山県の母方の祖父母に預けられるが、祖父は病死し、祖母も重症の火傷。苦労して、岡山医科大学(現・岡山大学医学部)を卒業。医師になってからは、大阪の社会的に底辺にある人たちの診療所などで勤務。そうした診療所の看護婦をしていた女性と結婚。その後東京に移り、原宿で小児科医院を開業。

幼児・子どもの見方、援助の仕方などについての世間の考え方を正し、そのための啓蒙に力を注ぐ。同様の活動に殉じたヤヌシュ・コルチャックを尊敬しており、NHK・BS「わが心の旅」という番組で、1996年コルチャック先生の足跡を追って、ポーランド、ワルシャワを訪れた彼の旅の記録が放送された。雑誌「小さい・おおきい・よわい・つよい」(ジャパンマシニスト社)の編集者代表、「ワクチントーク・全国」のアドバイザー的存在でもある。友人で、同様の活動を展開している人物に山田真がいる。1987年、『ひとりひとりのお産と育児の本』で毎日出版文化賞受賞。

ルソーの『エミール』に倣った『新エミール』と、その続編で小説仕立ての『エミールとソフィ』なども書いている。

2005年3月、「マガジン9条」発起人となった[1]

2017年10月26日、慢性心不全のため87歳で死去[2]

著書[編集]

  • 『おかあさんの小児科ノート』新日本出版社(新日本新書) 1969
  • 『現代の育児と保育』明治図書出版, 1971
  • 『現代日本小児保健史』ドメス出版, 1972
  • 『保母の小児科ノート 乳幼児の健康・病気・事故』新読書社, 1972
  • 『小児科の窓口から 育児の反省』筑摩書房, 1975 のち文庫
  • 『いま、子を育てること 小児科医の自分史から』筑摩書房, 1977 のち文庫
  • 『ひとのからだ』岩崎書店 (知識の絵本) 1977 
  • 『小児科先生の小さいカルテ 赤ちゃんから五歳までの相談室』PHP研究所, 1978
  • 『新エミール 育児と教育について』筑摩書房, 1979 のち文庫
  • 『若い父母へのメッセージ』毎日新聞社, 1980 のち文庫
  • 『こんなときどうする幼児の健康ノート』小学館, 1980
  • 『わたしのけんこうノート』岩波書店, 1981
  • 『赤ちゃんのいる暮らし』筑摩書房, 1983 のち文庫
  • 『幼い子のいる暮らし』筑摩書房, 1984 のち文庫
  • 『ねびえ』福音館書店, 1984
  • 『子どもとの関係、変えてみませんか』筑摩書房, 1986
  • 『ひとりひとりのお産と育児の本』平凡社, 1987
  • 『毛利子来のこんにちわsweet babies それぞれ育児の本』主婦と生活社, 1987
  • 『毛利子来の子育てストーリー』筑摩書房, 1988 「親と子、ないしょの話」と改題、ちくま文庫
  • 『甘えん坊カンタータ』新潮社, 1989 「甘えのすすめ」と改題、ちくま文庫
  • 『おしゃれ子育て』筑摩書房, 1991
  • 『たぬき先生の小児科ノート』ちくま文庫, 1992
  • 『エミールとソフィ』(小説)筑摩書房, 1992
  • 『育児のエスプリ 知恵の宝石箱』新潮社, 1993 のち文庫
  • 『子どもの健康診断 赤ちゃんから小・中学生まで 受けかた・受けとめかた』岩波ブックレット 1993
  • 『たぬき先生の子育て相談室 ないしょの話、ほんとの話』PHP研究所, 1993 「子どものからだ・子どものこころ」と改題、文庫
  • 『父の乳』筑摩書房, 1994
  • 『子どもの予防接種 何を、どう受ける?』岩波ブックレット 1994
  • 『たぬき先生の人生相談』岩波書店, 1995
  • 『子どもの病気 その見かた・対しかた』岩波ブックレット 1995 
  • 『ゲーとピー たぬきせんせいのびょうきのほん』福音館書店 (かがくのとも傑作集) 1998
  • 『カユイカユイ たぬきせんせいのびょうきのほん』福音館書店 (かがくのとも傑作集) 1998 
  • 『たぬき先生の子育てライブ相談室』徳間書店, 1998「ママは育児にあわてない」と改題、ぶんか社文庫
  • 『生きにくさの抜け道 子どもと大人の黙示録』岩波書店, 1999
  • 『子育ての迷い解決法10の知恵』集英社新書 1999
  • 『えせ医者Mの伝説』新潮社, 2001
  • 『父親だからできること 威張らない、媚びない、子育ての秘訣』ダイヤモンド社, 2002
  • 『孫をめぐるおとなの作法』ジャパンマシニスト社 2008
  • 『たぬき先生のゲンコ 子ども医者「日本の阿Q」を叱る』金曜日 2009
  • 『よい親でなくとも子は育つ 83歳、小児科医の太鼓判』ジャパンマシニスト社 2013

共著・編著[編集]

  • 『臨床医の小児科学』橋本政章共著 医歯薬出版, 1967
  • 『保育と医学 0歳から年長児まで』下出智子共編 文化書房博文社, 1970
  • 『保育をめぐる人間関係』畑谷光代,鹿野京子共編 ドメス出版, 1971
  • 『社会小児医学』堀江重信,林俊一共編 医歯薬出版, 1972
  • 『保育小児医学』高野陽共編 新読書社, 1975
  • 『子どもと大人のほんとうは(毛利子来の親子塾 1)』晶文社 1987
  • 『やめようインフルエンザ予防接種 効く?やっぱり効かない! 続編』長戸かおる共編著 日本消費者連盟, 1987
  • 『ダブルインカム家庭術』毛利敬子共著 フレーベル館, 1991 (ワーキングマザーシリーズ)
  • 『障害をもつ子のいる暮らし』筑摩書房, 1995
  • 『子育て、こうしてみたら』PHPエディターズ・グループ, 1998
  • 『子どもが子どもだったころ』橋本治共著 集英社, 1998 のち文庫
  • 『子育てヘルプ』可知めぐみ,鈴木良子共編著 筑摩書房, 1999
  • 『ちなみとたぬきの産む。育てる。』清水ちなみ共著 大和書房, 2003
  • 『育育児典』山田真共著 岩波書店 2007
  • 『健康のためなら死んでもいいのか?-子育て、食事の誤解と偏見』幕内秀夫共著 金曜日 2011

脚注[編集]

  1. ^ マガジン9とは?
  2. ^ “「たぬき先生」で知られる毛利子来(もうり・たねき)氏が死去、87歳”. 産経新聞. (2017年10月29日). http://www.sankei.com/life/news/171029/lif1710290034-n1.html 2017年10月30日閲覧。