毛利就兼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

毛利 就兼(もうり なりかね/たかかね、宝暦7年(1757年) - 寛政3年12月3日1791年12月27日))は、長州藩一門家老である吉敷毛利家の8代当主。

父は右田毛利広定。養父は毛利就将。正室は毛利広豊の娘。継室は毛利就将の娘。子は益田房清、婿養子毛利房直の室。

通称は三七郎、伊予、外記。の「就」の字は叔父(父・広定の実弟)で長州藩主の毛利重就から授けられたもので、重就が読みを変えた際には就兼もこれに倣って「たかかね」に読みを改めている。

生涯[編集]

宝暦7年(1757年)、一門右田毛利家の毛利広定の次男として生まれる。安永2年(1774年)、養父就将の隠居により家督を相続する。儒学者片山鳳翩に師事し、その助言を受けた。寛政3年(1791年)1月、実兄毛利就任の後任として当職(国家老・執政)となる。藩財政の改善のため、藩士に半知の馳走米(減知)を課そうとし、藩主毛利治親に止められる。同年、藩主治親が死去し、その葬儀と新藩主斉房の家督相続のため江戸に下り、その帰途12月3日に没する。享年35。家督は就任の次男の房直が婿養子となって相続した。

参考文献[編集]

  • 山口市史
  • 石川卓美著「防長歴史用語辞典」