毛利広漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

毛利 広漢(もうり ひろくに、享保7年(1722年) - 宝暦9年(1759年))は、長州藩一門家老である阿川毛利家の7代当主。

父は毛利広規。弟は毛利就貞。正室は毛利元連の娘。子は毛利就禎通称は宮内、兵庫、下野。は広氏、広景、広漢。

生涯[編集]

享保7年(1722年)、長州藩主毛利家一門、阿川毛利広規の長男として生まれる。藩主毛利宗広偏諱「広」の字を授かる。寛保2年(1742年)、父の死去により家督を相続する。藩主毛利宗広、重就に仕え、加判役(家老)を務めた。宝暦元年(1751年)に藩主宗広が没し、長府藩から藩主として重就を迎える。重就の世子を定めるにあたり、実子を後継者にしたい重就と、先代宗広の遺言として有馬純峯(毛利重広)を養子に迎えたい広漢ら一門家老が対立する。重就が折れて、純峯を藩主世子として迎えることとなる。

宝暦3年(1753年)、領内に郷校時習館を創設して学問を奨励した。宝暦4年(1754年)、対立していた藩主重就に処罰され、隠居して家督を嫡男の就禎に譲る。

宝暦9年(1759年)死去。享年38。

参考文献[編集]

  • 小川國治著 「毛利重就」