毛利房晁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
毛利 房晁
時代 江戸時代後期
生誕 天明6年(1786年
死没 天保15年7月27日1844年9月9日
改名 房衆(初名)→房晁
別名 少輔一郎(通称
主君 毛利斉房斉熙斉元
長州藩一門家老
氏族 厚狭毛利家
父母 父:毛利就宣
兄弟 房良房嘉房謙
元美、親民

毛利 房晁(もうり ふさあき)は、長州藩一門家老である厚狭毛利家の第9代当主。長州藩主の毛利斉房より偏諱の授与を受けて初め房衆(ふさひろ)、のち房晁と名乗る。

生涯[編集]

天明6年(1786年)、長州藩家老毛利就宣の子として生まれる。享和2年(1802年)父と共に郷校朝陽館を設立し、儒学者市川玄翠を招く。文化元年(1804年)、父の死去により家督を相続する。文政9年(1826年)、藩政改革のために人事の刷新を密議したことを罪に問われ、逼塞処分となり、隠居して家督を嫡男の元美に譲った。天保15年(1844年)7月27日死去。享年59。

参考文献[編集]

  • 『山陽町史』