毛利政明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
毛利政明
時代 江戸時代後期
生誕 寛政元年12月1日1790年1月15日
死没 文化15年3月26日1818年5月1日
別名 帯刀(通称
戒名 幽峯院蓉仙
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
幕府 江戸幕府
長門清末藩
氏族 増山氏毛利氏
父母 父:増山正賢、養父:毛利匡邦
兄弟 増山正寧政明
正室:なし
養子:元世

毛利 政明(もうり まさあき)は、長門清末藩の第5代藩主。

生涯[編集]

寛政元年(1789年)12月1日、伊勢長島藩主・増山正賢の次男として江戸で生まれる。初名は増山正朝(まさとも)。文化14年(1817年)10月9日、毛利匡邦の養子となった。第4代藩主・匡邦の長男・匡民の早世により、父・正賢が匡邦の従兄(政明が第2代藩主毛利匡広の曾孫)に当たることから養子に迎えられた。同年2月15日、将軍徳川家斉御目見する。文化15年(1818年)3月4日、匡邦の隠居により家督を継いだ。しかし、同年3月26日(異説として6月24日)に死去した。享年30。

末期養子元世が跡を継いだ。

家督を継いでからの早すぎる死は、自殺であるとも、増山家からの養子である政明の家督相続に反対する家臣団の毒殺であるとも言われている。