毛利斉房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
毛利斉房
時代 江戸時代後期
生誕 天明2年11月20日[1]1782年12月24日
死没 文化6年2月14日1809年3月29日[1]
改名 義二郎[1]・善次郎(幼名)→維房(初名)[1]→斉房[1]
戒名 靖恭院殿前二州太守大官令四品拾遺補闕澹雲如祥大居士[1]
官位 従四位下侍従・大膳大夫[1]
長州藩藩主
父母 父:毛利治親[1]、生母:小泉氏(明善院)[1]
兄弟 斉房斉熙細川興昶、熙載、水野忠篤
正室:有栖川宮織仁親王娘・幸子・栄宮(貞操院殿松林如榮大姉)[1]、側室:山田氏(芳春院)[2]
実子:徳丸(早世)[1]、養子:斉煕 (実弟)

毛利 斉房(もうり なりふさ)は、長州藩の第9代藩主。第8代藩主・毛利治親の長男[1]

経歴[編集]

天明2年(1782年)11月20日、江戸で生まれる[1]寛政3年(1791年)、父の死去により10歳で跡を継ぐ[1]。寛政7年(1795年)8月、将軍徳川家斉から偏諱を授かって初名の維房(これふさ)から斉房に改名し、叙任する。寛政12年(1800年)からは藩財政再建のために10ヵ年の倹約を行ない、さらに伊能忠敬周防長門の測量を行なわせて海防の強化に努めるなどしたが、文化6年(1809年)2月14日に28歳で江戸にて死去した[1]。実子の徳丸も既に早世していたため、養子となっていた弟の斉熙が跡を継いだ[3]。墓所は萩市椿東の東光寺[1]

斉房の代の主要家臣[編集]

文化元年(1804年)頃の主要な斉房の家臣は下のとおり。

偏諱を与えた人物[編集]

「房」の字は室町時代の毛利氏当主、毛利広房之房(光房)熙房(熙元)の3代に亘って使用された字でこれに由来する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 時山弥八編 1916, p. 114.
  2. ^ 時山弥八編 1916, p. 115.
  3. ^ 時山弥八編 1916, pp. 114-115.

参考文献[編集]