毛利斉熙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
毛利斉熙
時代 江戸時代後期
生誕 天明3年12月9日[1]1784年1月1日
死没 天保7年5月14日1836年6月27日[1]
改名 保三郎[1](幼名)、熙成[1]、憲熙[1]、斉熙[1]
別名 (*「熙」は「煕」、「熈」とも書く)
戒名 清徳院殿故中大夫中書大卿羽林次将長防国主天安道寧大居士[1]
墓所 東京都港区愛宕の青松院
山口県萩市椿の大照院[1]
官位 従四位下侍従大膳大夫[1]左近衛権少将[1]民部大輔[1]中務大輔[1]
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
長州藩
氏族 毛利氏
父母 父:毛利治親[1]、実母:小泉氏(明善院)[1]
養父(実兄):毛利斉房
兄弟 斉房斉熙細川興昶、熙載、水野忠篤
正室:池田治道娘・三津(法鏡院)[1]
側室:池上藤大夫娘・真嶺院、金子繁平娘・玉温院、野中繁八娘・豊
斉広[2]、信順[2]、由美子[2]、万寿子[3]、八重姫[4]、美知子[4]斉元
テンプレートを表示

毛利 斉熙(もうり なりひろ)は、長州藩10代藩主。第8代藩主・毛利治親の次男[1]

初名は熙成ひろなり憲熙のりひろ、改名して斉熙[1]。各に一貫して共通する「熙」の通字は祖先にあたる毛利煕元に由来するもので、「煕」または「熈」とも表記する。

経歴[編集]

天明3年(1783年)12月9日、江戸で生まれる[1]文化6年(1809年)、兄で先代藩主の毛利斉房の死去により跡を継ぐ[1]。このときに斉房同様、将軍徳川家斉より偏諱を授与され斉熙に改名し、従四位下・侍従に叙任した。聡明な藩主で、海防の強化や西洋軍備による軍備増強を行なった。

文政2年(1817年)に従四位・少将となる[1]。併せて従弟で福原房純の養嗣子になっていた福原房昌(後の毛利斉元)を貰い返して婿養子にし、文政7年(1824年)2月27日に家督を譲って隠居した[1]。しかし、隠居後も村田清風の登用など、なおも藩政の実権は握り続けた。天保7年(1836年)5月14日、54歳で死去[1]。墓所は東京都港区愛宕の青松院、山口県萩市椿の大照院[1]

系譜[編集]

  • 父:毛利治親(1754-1791)
  • 母:明善院 - 小泉氏
  • 養父:毛利斉房(1782-1809)
  • 正室:三津 - 法鏡院、池田治道長女
  • 側室:真嶺院(志津・花ノ井) - 池上藤大夫娘
  • 側室:豊 - 野中繁八娘
    • 長男:俊次郎
  • 側室:玉温院 - 金子繁平娘
  • 側室:須美(住崎・小梅)
    • 女子:多亀姫
    • 女子:直姫
  • 養子

家臣[編集]

武鑑掲載の家臣[編集]

斉熙が隠居する直前の文政6年(1823年)に刊行された須原屋茂兵衛蔵版武鑑[5]に掲載されている家臣は以下のとおり。なお刊行の都合により刊行年以前の内容が含まれている可能性がある。また、武鑑では諸藩で呼び名が違う役職名を標準化している場合があるので、実際の藩職名と相違する場合もある。

<一門八家、家老など>
宍戸主計毛利内匠、毛利本之助(毛利房晁か?)、毛利蔵主毛利少輔三郎毛利伊賀益田丹後福原豊前、清水長左衛門、堅田宇右衛門、児玉三郎右衛門、国司信濃、佐世六郎左衛門、井原大學
用人
江羽兵庫、福嶋九郎右衛門、三浦内左衛門、秋里治右衛門、福原三郎左衛門、久芳安積
側用人
揚井謙蔵、粟屋十右衛門、吉田六蔵、神村喜兵衛、南杢之助、内藤十郎兵衛、粟屋与一右衛門(城使兼務)、毛利丹宮、井上三郎兵衛、石津環、宮本八郎右衛門、宇野太兵衛、八木作左衛門、馬屋原伊兵衛、平川端
城使(他職兼任者除く)>
井原幸兵衛、坂次郎右衛門

偏諱を受けた人物[編集]

注: 上記の通り、「熙」は「煕」または「熈」とも表記する。

憲熙時代(藩主就任前)

いずれも斉熙の実弟で、他家に養子入りしたがいずれも家督を継ぐことなく早世している。

斉熙時代(藩主在任中)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 時山弥八編 1916, p. 115.
  2. ^ a b c 時山弥八編 1916, p. 116.
  3. ^ 時山弥八編 1916, p. 118.
  4. ^ a b 時山弥八編 1916, p. 119.
  5. ^ 『編年江戸武鑑・文政武鑑3』所収

参考文献[編集]

  • オープンアクセス時山弥八編『国立国会図書館デジタルコレクション 稿本もりのしげり』、1916年。NCID BN04718592
  • 石井良助 監修、『編年江戸武鑑・文政武鑑3』/柏書房