毛利春直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
毛利春直
時代 江戸時代前期
生誕 不詳
死没 寛文4年12月18日1665年2月2日
改名 勝九郎(幼名)→毛利春直
別名 一郎兵衛、五右衛門、主馬(通称
主君 毛利秀就綱広
長州藩
氏族 阿川毛利家
父母 父:毛利元景
兄弟 就方、就貞(毛利元貞養子)、春直
女(児玉元征室)
繁沢直久

毛利 春直(もうり はるなお)は、江戸時代前期の長州藩士。父は長州藩一門家老である阿川毛利家の2代当主・毛利元景。兄は3代当主・就方や就貞など。

生涯[編集]

長州藩一門家老である阿川毛利家の2代当主・毛利元景の七男として生まれる。

承応2年(1653年)に毛利家家老の福原元俊が死去し、それまで証人として江戸へ上っていた福原広俊が承応3年(1654年)に父・元俊の跡を継いだため、春直が替わりの証人として江戸へ上って働いた。

寛文4年(1664年12月18日に江戸で病死した。嫡男の直久が跡を継いだ。

参考文献[編集]