毛利親彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

毛利 親彦(もうり ちかひこ、文政13年(1830年) - 明治6年(1873年))は、長州藩一門家老である阿川毛利家の14代当主。

父は毛利熙徳。正室は毛利熈頼の娘。子は寛。通称は山三郎、主計、伊勢。初名は毛利倫周、のち藩主・毛利慶親(のちの敬親)より偏諱を受けて毛利親倫、さらに親彦と改名した。

生涯[編集]

文政13年(1830年)、一門毛利熙徳の子として生まれる。天保9年(1838年)、父の死去により家督を相続し、阿川領主となる。

加判役(家老)として藩主・毛利敬親に仕え、前述の通りその1字を授かった。弘化2年(1845年)、阿川八幡宮を修復した。弘化4年(1847年)、孝明天皇即位式の祝賀使を務めた。文久3年(1863年)、隠居して家督を嫡男の親経(寛)に譲った。元治元年(1864年)、藩内の保守派(俗論派)が政権を取ると加判役となるが、慶応元年(1865年)、革新派への政権交代で更迭された。慶応3年(1867年)、寛が病を理由に隠居したため再襲した。明治6年(1873年)死去。享年44。

参考文献[編集]

  • 石川卓美著「防長歴史用語辞典」