毛利重広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
毛利重広
時代 江戸時代中期
生誕 享保20年2月25日1735年3月19日
死没 宝暦10年6月19日1760年7月31日
改名 大三郎(幼名)、有馬純峯、毛利幸広、重広
戒名 隆徳院殿傑心傅英大居士
墓所 東京都港区愛宕青松寺
官位 従四位下民部大輔
長州藩世嗣
氏族 肥前有馬氏毛利氏
父母 有馬一準毛利吉広養女・演暢院
毛利重就
兄弟 有馬孝純重広本多忠由、有馬義雄室、純成院、安姫、安部信允正室
毛利宗広娘・誠姫
テンプレートを表示

毛利 重広(もうり しげひろ)は、江戸時代中期の長州藩の世嗣。官位従四位下民部大輔

生涯[編集]

享保20年(1735年)2月25日、越前国丸岡藩の隠居した元藩主・有馬一準(寿純)の次男として誕生。初名は有馬 純峯(ありま すみみね)。母・演暢院が長州藩2代藩主・毛利綱広の外孫であったことから、先代藩主・毛利宗広の遺言で、宗広の娘・誠姫の婿に迎えられ、叔父で藩主・毛利重就の養嫡子と定められた(演暢院は綱広の外孫であるだけでなく重就の実の姉でもある)。世子決定には、実子の文乃助(匡満)を嫡子にしたい重就や毛利氏の男系子孫でない養子への一部家臣の反対もあったが、宍戸広周毛利広漢ら一門により押し切られる形となった。これには5代吉元以来、藩主が輝元系から秀元系に交代したことによる家中対立も影響している。

宝暦2年(1752年)5月27日、毛利家に養子入りする。毛利 幸広(ゆきひろ)に改名し、宝暦3年(1753年)1月15日、従四位下・民部大輔に叙任。のちに9代将軍・徳川家重偏諱を受け重広と名乗る。宝暦10年(1760年)6月19日に死去。享年26。その死に際しては、家中で重就正室・登代(毛利治親生母)による毒殺の風聞が立った。

系譜[編集]

系図[編集]

元就
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆元吉川元春小早川隆景
 
穂井田元清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
輝元
(長州藩祖)
 
 
 
 
 
 
 
秀元
(長府1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秀就
(長州1)
 
 
 
 
 
 
 
光広
(長府2)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元知
(清末1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
綱広
(長州2)
 
 
 
 
 
 
 
綱元
(長府3)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
匡広
(清末2/長府6)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉就
(長州3)
吉広
(長州4)
放光院
(匡広正室)
 
 
吉元
(長州5)
 
 
有馬一準
(丸岡2)
 
演暢院重就
(長府8/長州7)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗広
(長州6)
有馬孝純
(丸岡3)
重広
(重就世子)
本多忠由 匡満
(長府9)
治親
(長州8)
匡芳
(長府10)
親著 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誠姫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉房
(長州9)
斉煕
(長州10)
元義
(長府11)
斉元
(長州11)