毛呂季光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
毛呂季光
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 不明
死没 不明
別名 藤原季光、通称:太郎
官位 豊後守
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼朝
氏族 藤原北家小野宮流毛呂氏
父母 父:藤原仲光
季綱

毛呂 季光(もろ すえみつ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士御家人藤原北家小野宮流大宰権帥藤原季仲の孫。武蔵国入間郡毛呂郷[1]の住人。

略歴[編集]

藤原仲光の子として誕生。

源頼朝の挙兵直後から近臣として仕え、頼朝が鎌倉に拠点を構えて新造した大倉御所へ移る儀式で、頼朝の馬の右に付いている。文治2年(1186年)、頼朝の推挙により豊後守に任じられ、准門葉に列せられる。文治5年(1189年)、奥州合戦に参加。建久2年(1191年)、建久6年(1195年)の頼朝上洛に供奉。建久3年(1192年)、永福寺薬師堂の奉行人を務める。

建久6年(1195年)正月に中条家長と喧嘩となり、双方の縁者が集まって合戦になりかけた。頼朝は和田義盛を派遣して仲裁させ、家長を出仕停止にし、季光を御所に召して「御家人らに対して戦闘を起こし、命を失うのははなはだ穏やかではない」と直々に諭している。騒動の原因は、季光は由緒により、頼朝の門葉に準じる家柄であったが、家長が八田知家の養子である権威を誇って無礼を働いたために、季光が咎めたという。この騒動により心経会が延期された。『吾妻鏡』での季光に関する記述は、建久6年10月に鶴岡臨時祭りで頼朝に供奉した記録が最後である。

子・季綱は頼朝が伊豆国の流人であった頃、下部(しもべ)らに耐えられない事があって季綱の邸あたりに逃れていたところ、季綱がその下部たちの面倒を見て伊豆に送り返した。この事から頼朝に褒賞を受け、建久4年(1193年)2月10日、武蔵国和泉・勝田[2]を与えられており、季光の准門葉入りも、貴種性だけでなく流人時代の報恩に拠るものがあったと思われる。

脚注[編集]

  1. ^ 現在の埼玉県入間郡毛呂山町
  2. ^ 埼玉県比企郡滑川町和泉・嵐山町勝田。

出典[編集]

  • 関幸彦福田豊彦編著『源平合戦事典』吉川弘文館2006年
  • 毛呂山町立歴史民俗資料館 『鎌倉御家人毛呂季光の活躍と末裔たち(毛呂山町歴史民俗資料館第18回特別展解説図録)』 毛呂山町立歴史民俗資料館〈毛呂山町史料集第9集〉、2015年