毛治国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
毛治国
毛治國
Mao Chi-kuo at Central Emergency Operation Center 20090816a (擷取).jpg
生年月日 (1948-10-04) 1948年10月4日(70歳)
出生地 中華民国の旗 中華民国 浙江省奉化県[要曖昧さ回避]
出身校 国立成功大学
アジア工科大学院
マサチューセッツ工科大学
所属政党 Emblem of the Kuomintang.svg 中国国民党

中華民国の旗 行政院長(首相)
内閣 毛治国内閣
在任期間 2014年12月8日 - 2016年1月18日
総統 馬英九

内閣 江宜樺内閣
在任期間 2013年2月18日 - 2014年12月8日
総統 馬英九

内閣 劉兆玄内閣
呉敦義内閣
陳冲内閣
在任期間 2008年5月20日 - 2013年2月18日
総統 馬英九
テンプレートを表示
毛治国
職業: 政治家
各種表記
繁体字 毛治國
簡体字 毛治国
拼音 máo zhì guó
和名表記: もう ちこく
発音転記: マオ ジーグオ
ラテン字 Mao Chi-kuo
テンプレートを表示

毛治国(もう ちこく、1948年10月4日 - )とは、中華民国政治家行政院長1990年代国民党政権下では有力な交通事務官僚であった。

来歴[編集]

1971年国立成功大学を卒業し土木工学学士号を取得。卒業後はタイ王国アジア工科大学院に留学し、1975年に卒業。その後、アメリカ合衆国マサチューセッツ工科大学に留学し、1982年に卒業した[1]。帰国後の1982年から1987年にかけて、新竹市国立交通大学の准教授を務めた。

1987年に交通部長秘書室長を務め、1989年1月1日に交通部観光局長に任命され、同年に台湾料理の展示会、1990年台北ランタンフェスティバルを開催させた。1991年9月2日に交通部参事に任命され、台湾高速鉄道の企画に参加した。

1993年に交通部道路交通安全監督委員会副主任委員、交通規制委員会副会長、航空管理事務局長を歴任し、1994年9月17日に交通部常務次長(日本の事務次官に相当)に昇進し、2000年5月20日まで務めた。1996年には、台湾の通信業界を開こうと、アジア太平洋オペレーションの促進を図り、その結果、テレコムに関する三つの法案(電気通信改正法、DGT組織条例の改正、中華電信株式会社条例)が立法院で可決された。

2000年8月21日に中華電信理事長に就任した。2003年1月に退任した後、同年に国立交通大学に教授として戻り、2006年からは学部長を務めた。

2008年5月20日に交通部長に就任[2]2013年2月18日に行政院副院長に就任し、2014年12月8日に、11月の地方選挙で国民党が大敗した責任を取り辞任した江宜樺の後任として行政院長に就任した。

2016年1月18日に、2016年総統選挙民進党蔡英文が当選したことを受け、「政権交代により重大な政策決定が出来なくなった場合、国の発展と人民の福祉に影響が出る」として総辞職を表明した[3]

2016年5月9日、馬英九総統より、一等景星勲章を授与される[4]

脚注[編集]

  1. ^ 中華民國交通部”. Motc.gov.tw. 2014年5月28日閲覧。
  2. ^ Shih, Hsu-Chuan. "Cabinet approves measure to double tobacco surcharge." Taipei Times. 31 October 2008.
  3. ^ “毛治国内閣が総辞職表明/台湾”. 中央社フォーカス台湾. (2016年1月18日). http://japan.cna.com.tw/search/201601180009.aspx?q=%E6%AF%9B%E6%B2%BB%E5%9B%BD 2016年1月20日閲覧。 
  4. ^ 馬英九総統、政府高官11名に勲章
中華民国の旗中華民国
先代:
江宜樺
中華民国の旗 行政院長
2014年 - 2016年
次代:
張善政
先代:
江宜樺
中華民国の旗 行政院副院長
2013年 - 2014年
次代:
張善政
先代:
蔡堆
中華民国の旗 交通部長
2008年 - 2013年
次代:
葉匡時