毛福梅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
毛福梅
Mao Fumei.jpg
プロフィール
出生: 1882年11月9日
死去: 1939年民国28年)12月12日
中華民国の旗 中華民国(国民政府)浙江省奉化県
出身地: 清の旗 浙江省寧波府奉化県
各種表記
繁体字 毛福梅
簡体字 毛福梅
拼音 Máo Fúméi
和名表記: もう ふくばい
発音転記: マオ フーメイ
ラテン字 Mao Fu-mei
テンプレートを表示

毛 福梅(もう ふくばい)は、中華民国の指導者蔣介石の最初の妻。蔣経国の母。

人物[編集]

1901年冬19歳の時に15歳の蔣介石と結婚して1909年に蔣経国を産む。しかし蔣介石は早いうちから愛情を抱かなくなり、1927年に離婚した。その後は仏教に帰依して摩訶殿を建立し、息子の成長を願って暮らした。1939年日本軍の爆撃に遭って、奉化県渓口鎮の私邸豊鎬房にも数発着弾し、台所より外に逃げたところを足と腰に数発の弾を受けて、倒れた建物の下敷きになり死去した。ひどく悲しんだ蔣経国は母が倒れた台所の外の通路に「以血洗血」という四文字をしたためた石碑を建てて、抗日の決意を新たにした。この碑はその後占領した日本軍により破壊されたが、日本軍が去った後再び国民党奉化県書記王思本の写しにより再建され、現在文昌閣内の小洋房にある。

なお、毛福梅の墓は文化大革命の際、王采玉(蔣介石の母親)の墓と共に紅衛兵によって破壊された。[1]

脚注[編集]

系図[編集]

 
 
蔣肇聡中国語版
 
王采玉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蔣介石
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毛福梅
 
 
姚冶誠
 
 
陳潔如
 
 
宋美齢
 
 
 
 
 
戴季陶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蔣方良
 
蔣経国
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
章亜若
 
蔣緯国
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蔣孝文中国語版
 
蔣孝章中国語版
 
蔣孝武中国語版
 
蔣孝勇
 
方智怡中国語版
 
章孝慈中国語版
 
蔣孝厳中国語版
 
黄美倫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蔣友青中国語版蔣友常中国語版蔣友柏
 
林姮怡中国語版蔣蕙蘭中国語版蔣蕙筠蔣万安