毬藻えり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

毬藻 えり(まりも えり、6月3日[1]- )は、日本の女優。元宝塚歌劇団星組トップ娘役。

東京都府中市出身[2]。身長161cm[3]。血液型B型。本名:鴫原薫(しぎはら かおる)。宝塚歌劇団時代の愛称は、本名から「シギ[4]

来歴・人物[編集]

1981年3月、67期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は7番。同年『宝塚春の踊り』で初舞台を踏む。同期生には、女優北原遥子(元娘役スター、日本航空123便墜落事故で死去)、黒木瞳1982年 - 1985年まで月組トップ娘役)、涼風真世1991年 - 1993年まで月組トップスター)、真矢みき1995年 - 1998年まで花組トップスター)、演劇プロデューサー活弁士日本舞踊講師の幸風イレネ(現在のイレネ飯田)、梨花ますみがいる。峰さを理のトップ時代には、新進娘役として新人公演やバウホールのヒロインを多数経験した。

1989年南風まいの退団後日向薫の相手役として星組トップ娘役に就任。中日公演の『戦争と平和』ヒロイン・ナターシャを経て、大劇場公演『春の踊り/ディガ・ディガ・ドゥ』でお披露目。1991年の『紫禁城の落日』を最後に、日向と共に退団。2番手娘役時代には紫苑ゆうと組み、娘役トップに就任してからは、長身の日向に似合う娘役を演じた。

退団後は芸能界に転じ、主に舞台を中心に活躍。中でも松平健主演の舞台公演で、過去多数の出演回数を持つ。近年は結婚および出産・育児などあり活動をセーブしている。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[5][編集]

新人公演ヒロイン

  • 『アルジェの男』(1983年) 本役:姿晴香
  • 『我が愛は山の彼方に』(1984年) 本役:湖条れいか
  • 哀しみのコルドバ』(1985年) 本役:湖条れいか
  • 『西海に花散れど』(1985年) 本役:南風まい
  • 『レビュー交響曲』(1986年) 本役:南風まい
  • 紫子』(1987年) 本役:南風まい

バウホールヒロイン

  • 『パペット・午前0時の人形たち』(1986年)
  • 蒼いくちづけ・ドラキュラ伯爵の恋』(1987年)

二番手娘役時代

星組トップ娘役時代

  • 『戦争と平和』<中日公演>(1989年)
  • 『春の踊り・恋の花歌舞伎/ディガ・ディガ・ドゥ』(1989年)
  • ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(1989年)
  • 『シチリアの風』(1989年)<バウホール公演>
  • 『メイフラワー/宝塚レビュー'90』(1990年)
  • 『アポロンの迷宮/ジーザス・ディアマンテ〜夢の王の夢〜』(1990年)
  • 『パル・ジョーイ』(1991年)<バウホール公演>
  • 恋人たちの肖像/ナルシス・ノアール』(1991年)
  • 紫禁城の落日』(1991年)

エピソード[編集]

  • 舞台化粧や衣装の着こなしや鬘・髪飾りなどのセンスが抜群であった。
  • 舞台を降りたら人前ではしゃべれない位、控えめでおとなしい性格だったこともあり、星組男役内で「シギちゃんを守る会」が結成される程だった。

宝塚歌劇団退団後の活動[編集]

舞台[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 青春アドベンチャー「アナスタシア・シンドローム」(マーガレット・カルー)
  • 青春アドベンチャー「アリアドニの遁走曲」(クレア)
  • 青春アドベンチャー「バイオレンス・ジャック」(ユリ/スラムクィーン)
  • 青春アドベンチャー「秘密の友人」(アガサ)
  • 青春アドベンチャー「盗まれた街」(ベッキー)
  • 青春アドベンチャー「優しすぎて、怖い」(ジェーン)
  • 青春アドベンチャー「ランドオーヴァーPART2『魔術師の大失敗』」(ナレーション)

テレビドラマ[6][編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「宝塚おとめ」より
  2. ^ 「宝塚おとめ」より
  3. ^ 「宝塚おとめ」より
  4. ^ 「宝塚おとめ」より
  5. ^ 「歌劇」1992年3月号・毬藻えりサヨナラ特集より
  6. ^ テレビドラマデータベース http://www.tvdrama-db.com/simple_result.htm?key=%E6%AF%AC%E8%97%BB%E3%81%88%E3%82%8A&x=74&y=8 より