民間航空操縦士訓練学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
民間航空操縦士訓練学校
所在地
鹿児島県霧島市溝辺町麓270-1
情報
開校 2015年10月1日
校長 只野一博
外部リンク

民間航空操縦士訓練学校(みんかんこうくうそうじゅうしくんれんがっこう)は、株式会社Japan General Aviation Serviceが運営する、固定翼機のパイロットを養成する訓練学校である。

概要[編集]

エアラインをはじめとするプロ・パイロットの養成に特化した訓練学校である[1]

鹿児島空港内に校舎を構えている。週5日の全日制・全寮制の訓練学校で、同空港を拠点に全ての訓練を日本国内で実施している[2]

確実にプロとして通用する人材を選抜するため、入校希望者は入学試験を受ける必要があり、能力・心理適性検査や操縦適性検査が実施される。航空身体検査(第1種相当)に適合する証明も必要である[3]

単発訓練機には、航空大学校エミレーツ航空ルフトハンザ航空アメリカ空軍士官学校などで採用されているシーラス・エアクラフト社のSRシリーズを採用している。シーラス SR20は、エアライン機の航法を再現可能なシステムを搭載しており、将来の大型機への移行を想定した環境下で訓練を実施できる。双発訓練機には、イタリア空軍の訓練機に採用されているテクナムP2006Tを採用している。[4]このほか、ダイヤモンドDA42NGでも訓練を実施している[5]

訓練コース[編集]

  • プロ・パイロット養成コース
  • ライセンス保持者編入制度

訓練機材[編集]

出典[編集]

  1. ^ 理念”. 2017年7月15日閲覧。
  2. ^ 訓練環境”. 2017年7月15日閲覧。
  3. ^ 受験案内”. 2017年12月25日閲覧。
  4. ^ 使用機材”. 2017年7月15日閲覧。
  5. ^ JGAS AVIATION BLOG”. 2017年7月15日閲覧。