気まぐれ天使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

気まぐれ天使(きまぐれてんし)は、日本テレビ系列で放送されたホームドラマである。石立鉄男ユニオン映画シリーズの第六作で、放映期間は1976年10月6日から1977年10月19日までの全43話。

概要[編集]

  • 本作の放送回数は全43回。これは、石立鉄男・ユニオン映画シリーズとしては最長記録である[1]
  • オープニングがアニメーションを利用しており、それまでのシリーズとは一線を画する。この演出・作画は芝山努が手掛けた[2]。芝山の所属は、「Aプロ」から、1976年(昭和51年)9月9日に社名を変更・改組したばかりの「シンエイ動画」である。クレジットはキャストから紹介され、これも、それまでのシリーズでスタッフの後に配役を紹介する順番とは異なっている。
  • 音楽:大野雄二&選曲:鈴木清司コンビは、本作の劇伴ブリッジを、同じ日本テレビ系アニメ『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』(1977年10月期開始と放送時期も近い)や、その後のアニメ映画『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年公開)などでも流用している。
  • 劇中に登場する下着は、ワコールの協力を得ている。それまでのシリーズと異なり、主人公の下宿だけでなく、会社や取引先を舞台に同僚と展開する話も多いのが特徴である。
  • 「プリンセス下着本社」は、窓に特徴のある全国旅館会館(東京都千代田区平河町2-5-5)。劇中で、当時隣接していた「株式会社タイトー」(当時:千代田区平河町2-5-3 → 2007年新宿へ移転)のロゴ(TAITO CORPORATION)が、また第33話では近隣の赤坂プリンスホテルホテルニューオータニなどが確認出来る。
  • 劇中で南條友江が通勤にも使用していたオートバイは、DUCATI(ドゥカティ)社の「パラレルツインモデル500GTL」。(32話で横浜の街を忍と2人で、来日していた「アグネス・ハム」をバイクに乗って探し回るシーンで確認出来る。1975年発売品なので新車であろう。) 忍や榎本も「部長の運転は荒い」と劇中のセリフにも何度もあるように、後ろに乗せられて降りたときふらつく場面が多い。

あらすじ[編集]

女性下着メーカー・プリンセス下着の宣伝部に勤める忍は、童話作家になるという夢を抱いている。同僚の妙子との間で二人で300万円を貯めるまで結婚しないという条件での婚約関係にあり、早稲田の古本屋[3]の二階に居候という貧しい生活だった。

そんなある日曜日、街を歩いていた忍は行き倒れになった老女を助ける。その老女・伊集院綾乃は、公家の家の生まれで、嫁との不仲が原因で京都府から家出をしてきたのだと称するのだった。忍は綾乃に新幹線の切符を買い与え、いったん駅で別れる。しかし、妙子と口論になって不機嫌に帰宅した忍を待っていたのは綾乃だった。まだ発車まで時間があるというのにもかかわらず、新幹線に乗り遅れてしまったと言い、周囲に忍の居所を聞きまわって忍の下宿先までやって来たのだという。手癖の悪い綾乃は、周囲を巻き込みながら様々なトラブルを引き起こすも、「人生は忍の一文字」という父親の教えのもと耐えしのぶのであった。

忍は、綾乃がそれまでいたというアパートを探しに雑司ヶ谷に来る途中、綾乃の孫娘、フーテンもどきで英語が達者な渚と出会う。家主から巨額の未払い家賃を請求された忍は逃げ帰る。渚から、綾乃が多くの昔話を語れることを知った忍は、これをもとに童話が書けるとふんで、帰る家のない綾乃と渚と同居することに。渚は、忍の優しさを見抜いて強く慕うようになる。大家夫婦は、家庭教師として渚が優秀だと分かり、綾乃と渚に隣室での間借りを許し、家賃の面倒は忍がみることになった。しかし綾乃のバサマの手癖の悪さやフーテンの渚の世間知らずが巷でトラブルを引き起こし、忍は世話を焼かされるのであった。

忍の上司で副部長の榎本は、何かと忍の失敗をフォローする義理堅いサッカー部の後輩。実家は大金持ちのため、そういう背景を知らない人と行きずりの恋に落ちて結婚するのが夢。鼻っ柱の強い妙子と付き合おうとするも婚約している妙子から断られて失恋、代わりに、妙子の妹の真紀から見染められ、行きずりのように出会って、ちょくちょくデートする仲になる。

妙子は、年末にフランスのデザイナーに見初められ、婚約を解消して渡仏する。寂しく感じる忍だが、年明けの数週間後、新しい部長として南條友恵がバイクに乗って横浜支店からやってきた。厳格な経営スタイルに営業部員は戸惑い、忍と榎本は、トモエ御前だとかヒトラーだとかあだ名をつけて愚痴を言う。友恵は、おしゃれで仕事のできる榎本より、誠実そうな忍を見込んで、近くにアパートを探してくれという。忍は、妙子の渡仏で寂しがっていた妹の真紀に紹介し、友恵と真紀の同居が始まる(ヒロインの交代)。友恵は、部下としてトラブルを起こす忍や綾乃のしりぬぐいをするうち、童話作家としての顔に気づき、童話を読んで人柄を高く評価するようになる。

友恵の登場を機に、忍自体が職場でトラブルを起こし、友恵と榎本が世話を焼くという話が多くなり、ビジネスコメディが展開されるようになっていく。アバンタイトルとエンディングで、石立鉄男が視聴者に向かって一言発するメタ演出も多用されるようになる。終盤は、忍が童話作家としての成功を夢見て、意を決してプリンセス下着を退職。友恵と渚のどちらを選ぶのか、友恵は、仕事のできる榎本と童話作家に生きる忍とどちらを選ぶのか、タイトル通り二転三転を経て、幕が閉じる。

キャスト[編集]

ゲスト出演者[編集]

第4話
第7話
第8話
第10話
第11話
第12話
第14話
第15話
第17話
第19話
第20話
第21話
  • 経理担当重役:柳生博
  • バンド演奏:吉田正美と茶坊主
第22話
第23話
  • 藤平の娘・悠子:加賀由美子
第24話
第25話
第26話
第27話
第28話
第29話
第30話
第31話
  • 警備員・森:谷村昌彦
  • 巡査:山谷初男
  • オーストラリア下着卸商社員:ヤン・エリック
  • 水橋和夫、山田五郎、小池幸二、小島巌、宮沢康、小幡良二、今市陽一
第32話
  • アグネス・ハム:ナンシー美紀
  • 神山春乃:加藤治子
  • プレジール社員:北村総一郎
  • 「ホテル山手」の巨漢:団巌
  • 神山宅の隣人:マリーナ・ガランデ
  • ハワイのホテルメイド:ディーテン
  • 有田麻里、松本敏男、岩下純三、土生和彦、佐藤信行、高橋るみ、
第33話
第34話
第35話
第36話
  • 坂下:田辺靖雄
第37話
第38話
  • プリンセス下着・人事部長:藤村有弘
  • プリンセス下着・専務:若松和子
第39話
第40話
第41話
第42話

使用曲[編集]

  • 主題歌:「気まぐれ天使」 作詞:松木ひろし/作・編曲:大野雄二/唄・演奏:小坂忠&ウルトラ
  • 挿入歌:「ジングル・ジャングル」 作詞:坪田直子/作・編曲:大野雄二/唄:坪田直子

スタッフ[編集]

  • 脚本:松木ひろし窪田篤人、鶴島光重、若園修
  • 音楽:大野雄二
  • 企画:吉川斌(日本テレビ)
  • 撮影:伊佐山厳、
  • 照明:三萩国明 → 東原三郎
  • 美術:横尾嘉良
  • 録音:片桐登司美
  • 編集:西村豊治
  • 助監督:佐藤重直、荒木功(ユニオン映画)
  • 制作担当:小池仁
  • 色彩計測:東原三郎 → 田村信之
  • 記録:河辺美津子
  • メーク:野儀多恵子
  • 選曲:鈴木清司
  • 現像所:東洋現像所(現.IMAGICA[4]
  • 衣装:東京衣装
  • 装飾:高津装飾
  • 企画協力:S・H・P(青年座放送プロジェクト)
  • 衣装協力:株式会社ワールド、紳士服プレイロード(後期)
  • 美術協力:ワコール
  • オープニングアニメーション:シンエイ動画 芝山努
  • プロデューサー:上野徹(日本テレビ/前期)、長富忠裕(日本テレビ/後期)、山本剛正(ユニオン映画/前期)、松岡明(ユニオン映画/後期)
  • 監督(演出):手銭弘喜斎藤光正、鶴島光重、田中知己、荒木功、佐藤重直
  • 製作:ユニオン映画

サブタイトル[編集]

回数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1976年

10月6日

忍ぶれど…… 松木ひろし 斎藤光正
2 10月13日 働けど……
3 10月20日 想わねど…… 手銭弘喜
4 10月27日 笛吹けど……
5 11月3日 信ずれど…… 鶴島光重
6 11月10日 君待てど……
7 11月17日 拾いものには御用心 田中知己
8 11月24日 野良猫に乾杯
9 12月1日 シンデレラの靴
10 12月8日 とらぬタヌキとマリアさま 鶴島光重 斎藤光正
11 12月15日 海の向うに何がある? 松木ひろし 手銭弘喜
12 12月22日 めざめた朝
13 12月29日 これっきり、もう…… 斎藤光正
14 1977年

1月5日

笑う門には…… 鶴島光重 手銭弘喜
15 1月12日 嗚呼!花の成人式
16 1月19日 花も恥じらう独裁者 松木ひろし 田中知己
17 1月26日 げに恐ろしきは…… 手銭弘喜
18 2月2日 ブラジャーで首を吊れ! 窪田篤人
19 2月9日 これぞ男の生きる道 鶴島光重 田中知己
20 2月16日 ジュリエット危機一髪 松木ひろし
21 2月23日 破れかぶれで30だァ!! 鶴島光重 斎藤光正
22 3月2日 ヒットラーが脱ぐ日 窪田篤人 手銭弘喜
23 3月9日 あなた代わりはないですか 鶴島光重
24 3月16日 虹をわたったカモさんは……
25 3月23日 花の命はみじかくて 窪田篤人
26 3月30日 マタハリ恋に死す 松木ひろし 田中知己
27 4月6日 地球を蹴っとばせ 手銭弘喜
28 4月20日 拾ったチョコを食べないで!
29 5月11日 お母さん、あしからズ 鶴島光重 田中知己
30 5月25日 蒸発のブルース 松木ひろし 荒木功
31 6月8日 赤い夕陽にピンクの風 窪田篤人
若園修
手銭弘喜
32 6月22日 母をたずねて今日も又…… 鶴島光重
33 7月13日 ああ、結婚遁走曲 窪田篤人 斎藤光正
34 7月27日 オトコの約束 松木ひろし 田中知己
35 8月3日 夕空はれて…… 鶴島光重 手銭弘喜
36 8月10日 バサマの目にも……
37 8月17日 パンダに続け! 佐藤重直
38 8月24日 友江とならばドコドコ迄も 手銭弘喜
39 9月7日 センチメンタル・マキ 田中知己
40 9月21日 オハナシできた? 手銭弘喜
41 10月5日 社を捨てて、街に出よう 松木ひろし
42 10月12日 ゴール前の混戦
43 10月19日 棒っ切れにバラが咲く

放送局[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 第31話から樹木希林として出演。この第31話から35話までのオープニングでのクレジット表示は「悠木千帆改メ 樹木希林」。

出典[編集]

  1. ^ 気になる嫁さん」、「パパと呼ばないで」の全40回が2位である
  2. ^ 出典:『コメディードラマソングブック』(VAP
  3. ^ 古書現世|昔のドラマのロケ地を探そう!
  4. ^ フィルムクレジット上は「東洋現像」とクレジットされている。
  5. ^ a b c 『北國新聞』1976年10月6日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ a b c d e 『大分合同新聞』1977年6月8日付朝刊、テレビ欄。
日本テレビ 水曜20時台
(1976年10月12日 - 1977年10月19日)
前番組 番組名 次番組
気まぐれ天使