気息について

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

気息について』(: Περὶ πνεύματος, : De spiritu, : On Breath)とは、アリストテレス名義の自然学著作の1つ。古より偽作であるという見方が一般的である[1]

人間の「代謝」機能全般についての考察が展開されている。『自然学小論集』の最後に来る『呼吸について』の内容を受けた内容となっており、伝統的にもその後に配置・収録されてきた。

構成[編集]

全9章から成る。

  • 第1章 - 気息の身体的性質。栄養、血液との関係と排出の問題。
  • 第2章 - アリストゲネスの考え。
  • 第3章 - エンペドクレスデモクリトスの考え。
  • 第4章 - 気息の3つの運動 --- 1.呼吸、2.脈動、3.食物同化
  • 第5章 - 気息の範囲と関係性。
  • 第6章 - 血液から肉への転化。
  • 第7章 - 骨の機能。
  • 第8章 - 目的因の研究。
  • 第9章 - 熱の働き。

内容[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『アリストテレス全集6』 岩波書店 p.406

関連項目[編集]