気比氏治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
気比氏治
時代 鎌倉時代後期-南北朝時代
生誕 不明
死没 建武4年/延元2年3月6日1337年4月7日
別名 弥三郎大夫[1]
氏族 気比氏
斉晴

気比 氏治(けひ うじはる)は、鎌倉時代後期から南北朝時代武将

経歴・人物[編集]

越前氣比神宮大宮司[1]。越前金ヶ崎城主。建武3年/延元元年(1336年)の湊川の戦いののち、後醍醐天皇の皇子恒良親王を奉じた新田義貞が越前金ヶ崎城に下向すると、これを迎え入る[1][2]。翌年の建武4年/延元2年(1337年金ヶ崎の戦いが勃発すると金ヶ崎城は兵糧攻めに遭い、同年3月6日尊良親王・新田義貞・世尊寺行房らと共に自害した[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『気比氏治』 - コトバンク
  2. ^ a b 安田元久編『鎌倉・室町人名事典』新人物往来社、p.177(1985)