気高郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本 > 中国地方 > 鳥取県 > 気高郡
鳥取県気高郡の位置

気高郡(けたかぐん)は、鳥取県にあった

郡域[編集]

1896年明治29年)に行政区画として発足した当時の郡域は、鳥取市の一部(河原町各町・用瀬町各町・佐治町各町を除く千代川以西、秋里・江津および松並町の一部)にあたる。

歴史[編集]

1.吉岡村 2.大郷村 3.末恒村 4.湖山村 5.賀露村 6.千代水村 7.蒲野部村 8.海徳村 9.東郷村 10.福富村 11.美穂村 12.大和村 13.岩坪村 14.砂見村 15.明治村 16.穏治村 17.豊実村 18.松保村 21.鹿野村 22.瑞穂村 23.光元村 24.宝木村 25.酒津村 26.正条村 27.八束水村 28.勝谷村 29.逢坂村 30.小鷲河村 31.日置村 32.日置谷村 33.青谷村 34.勝部村 35.中郷村(紫:鳥取市)
  • 明治29年(1896年
    • 4月1日 - 郡制の施行のため高草郡気多郡の区域をもって気高郡が発足。郡役所が吉岡村に設置。全域が現・鳥取市。(33村)
      • 旧・高草郡(18村) - 吉岡村大郷村末恒村湖山村賀露村千代水村蒲野部村海徳村東郷村福富村美穂村大和村岩坪村砂見村明治村穏治村豊実村松保村
      • 旧・気多郡(15村) - 鹿野村瑞穂村光元村宝木村酒津村正条村八束水村勝谷村逢坂村小鷲河村日置村日置谷村青谷村勝部村中郷村
    • 9月1日 - 郡制を施行。
  • 明治32年(1899年3月20日 - 鹿野村が町制施行して鹿野町となる。(1町32村)
  • 大正3年(1914年
    • 2月1日(1町30村)
      • 明治村・穏治村が合併し、改めて明治村が発足。
      • 光元村・宝木村が合併し、改めて宝木村が発足。
    • 4月1日 - 青谷村が町制施行して青谷町となる。(2町29村)
  • 大正4年(1915年6月1日 - 正条村・八束水村が合併し、改めて正条村が発足。(2町28村)
  • 大正6年(1917年
    • 9月1日 - 東郷村・福富村が合併し、改めて東郷村が発足。(2町27村)
    • 10月1日 - 蒲野部村・海徳村が合併して大正村が発足。(2町26村)
  • 大正7年(1918年1月1日 - 岩坪村・砂見村が合併して神戸村が発足。(2町25村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和10年(1935年)時点での当郡の面積は325.05平方km、人口は52,111人(男25,485人・女26,626人)[1]
  • 昭和12年(1937年2月15日 - 賀露村が鳥取市に編入。(2町24村)
  • 昭和23年(1948年)4月1日 - 正条村が町制施行・改称して浜村町となる。(3町23村)
  • 昭和28年(1953年)7月1日(3町7村)
    • 青谷町・勝部村・中郷村・日置谷村が合併し、改めて青谷町が発足。
    • 神戸村・大和村・美穂村・大正村・東郷村・明治村・豊実村・松保村・大郷村・吉岡村・千代水村・湖山村・末恒村が鳥取市に編入。
  • 昭和30年(1955年
    • 3月31日 - 日置村が青谷町に編入。(3町6村)
    • 7月1日(3町)
      • 宝木村・酒津村・瑞穂村・逢坂村・浜村町が合併して気高町が発足。
      • 鹿野町・勝谷村・小鷲河村が合併し、改めて鹿野町が発足。
  • 平成16年(2004年11月1日 - 気高町・鹿野町・青谷町が鳥取市に編入。同日気高郡消滅。鳥取県では1896年の郡の再編以来、初の郡消滅となった。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和10年国勢調査による。国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで閲覧可能。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
高草郡気多郡
行政区の変遷
1896年 - 2004年
次代:
(消滅)