水のないプール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水のないプール
監督 若松孝二
脚本 内田栄一
製作 若松孝二
浅岡弘行
清水一夫
出演者 内田裕也
中村れい子
浅岡朱美
音楽 大野克夫
撮影 袴一喜
編集 中島照雄
製作会社 若松プロダクション
配給 東映セントラルフィルム
公開 日本の旗 1982年2月20日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

水のないプール』(みずのないプール)は1982年2月20日に公開された、若松孝二監督、内田裕也主演による日本映画である。 

窓の隙間からクロロホルムを注入して部屋の中の女性を眠らせた後、侵入して性的暴行を働く男が主人公である。1980年に宮城県仙台市で実際に発生して世間を震撼させた、同様の手口による性犯罪(仙台クロロホルム連続暴行魔事件)に着想を得ている。

営団地下鉄が撮影に協力している。

2001年に発売されたDVDは長い間廃盤状態だったため高額で取引されていたが、2018年3月「映画復刻レーベルDIG」より再DVD化されることが決定した。

ストーリー[編集]

主人公の男は、地下鉄で切符をひたすら切り続ける駅員だったが、毎日の喧噪で単調な作業を繰り返す仕事に、いつしか無気力になっていた。ある日の帰り道、公園のトイレで暴漢に襲われていた女・じゅんを助けて彼女の家まで送ってから数日後、男は立ち寄った居酒屋で小競り合いに巻き込まれて右手を怪我し、駅前の噴水で手を洗っている時、謎の少女・みくに出会う。みくは水のないプールに男を連れて行き全裸になるが、男はみくを無視してじゅんの部屋へ侵入する。じゅんは実はみくと同じ部屋に暮らしており、「みくが帰ってきた」と誤解したじゅんに気付かれて未遂に終わった男は、「戸締まりをちゃんとするように」と言い残して部屋を出ていく。夏休みの熱いある日、男はとある出来事をきっかけに、女をクロロホルムで眠らせたうえで侵入して犯すことを思いつく。そして男は、かねてより目をつけていた喫茶店の店員・ねりかに狙いを定めた。

出演者[編集]

演 - 内田裕也
本作の主人公である駅員。おとなしく口下手で、常に不平不満を腹の底にためている。子供の頃に切符切りを夢見て駅員になったが、最近は人生に対してやけになっている。暴漢に飛びかかって女性を助けたり、自分を悪く言った上司に暴言を吐くなど一見無鉄砲と思える言動も、このことが原因となっている。人生の展望が見えない中、とある出来事をきっかけに女をクロロホルムで眠らせたうえで侵入して犯すことを思いつき、ひとたび成功した後は生き生きとなって再犯を働くようになる。薬局でクロロホルムを購入する際には、学校教師の「山下」を名乗っている。
ねりか
演 - 中村れい子
本作のヒロイン。喫茶店フルーツパーラの店員。男に目をつけられ、住居侵入・強姦の被害者となる。男はやがて警察に逮捕されるが、告訴を取り下げる。
みく
演 - 浅岡朱美
本作のもう1人のヒロインというべき存在。男を水のない公園へと誘う。常にシャボン玉を吹いている。
じゅん
演 - MIE
暴漢に襲われそうになっていたところを、男に助けられる。彼女を助けたことが、男を犯罪に走らせることとなった。
澄江
演 - 藤田弓子
男の妻。2人の子供(演 - 大小原繁、上田絵美)がいる。
薬局店主
演 - 殿山泰司
男がクロロホルムを購入した薬局の店主。
やくざ
演 - 沢田研二
居酒屋で男と小競り合いを起こしたやくざ。
子分
演 - 安岡力也
やくざの子分。
刑事
演 - 常田富士男
住居侵入・強姦事件を担当し、男を逮捕した刑事。
社長
演 - 原田芳雄
男が転職を考えていた会社の社長。
巡査部長
演 - 赤塚不二夫
ねりかの彼氏の上司。
カメラ店主
演 - タモリ
男が犯行の様子を写真に収めるため、カメラを購入した店の店主。

スタッフ[編集]

映画と実話との相違点[編集]

  • 映画ではクロロホルムを開いた窓から注入しているが、実話では鍵穴から注入している。
  • 映画では被害者の女性によって告訴は取り下げられているが、実話では逮捕されている。

エピソード[編集]

本来、ねりか役は高畑淳子が演じることになっていたが、高畑が全裸になることを拒んだため、中村れい子が代役を務めることになった。内田裕也はこのことを今でも許してはおらず、「会ったら蹴っ飛ばしてやりたい」と胸中を語っている。