水上正史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水上 正史(みずかみ まさし、1954年5月21日[1] - )は、日本の外交官外務省中南米局長、駐アルゼンチン特命全権大使沖縄担当特命全権大使兼政府代表を経て、駐スペイン特命全権大使。

経歴・人物[編集]

東京都出身。1978年(昭和53年)に一橋大学経済学部を卒業し、外務省入省。1979年(昭和54年)から1981年(昭和56年)までバリャドリッド及びマドリードスペイン語研修[2]

国際連合日本政府代表部公使、外務省国際科学協力室長を経て、1995年(平成7年)外務省開発協力課長、1997年(平成9年)外務省中南米第一課長、1999年(平成11年)在メキシコ日本大使館兼在ベリーズ日本大使館参事官。その後独立行政法人国際協力機構企画・調整部長を務める。有償無償の政府開発援助(ODA)などを扱う。

2006年(平成18年)外務省大臣官房参事官(中南米局・経済局)、2007年(平成19年)から外務省大臣官房審議官(中南米局・経済局)。この間APEC高級実務者会合日本代表等を務めた。2008年(平成20年)4月には、日本・チリ経済連携協定(EPA)ビジネス環境整備小委員会及び物品小委員会日本側議長を務め、日本及びチリのビジネス環境の整備、関税コード、原産地証明書等についての意見交換を行った[3]

2008年(平成20年)5月から在インド日本国大使館公使。インドではデリー日本人会常任理事も務めた。2009年(平成21年)には駐インド臨時代理大使として、ニューデリーでインドのクリシュナ財務省経済局長との間で、1370億2800万円を限度とする額の円借款の書簡の交換を行った。

2010年(平成22年)外務省中南米局長。2012年(平成24年)1月から駐アルゼンチン大使。2015年(平成27年)から特命全権大使(沖縄担当)兼在沖縄米軍の諸活動等に関する在沖縄米軍との交渉を行い,及びこれに関連するアメリカ合衆国連邦政府との交渉に参加するための日本政府代表。2016年(平成28年)から駐スペイン大使[4]

同期[編集]

著作[編集]

  • 「国際問題としての科学技術」外交フォーラム[1999.9]
  • 「メキシコ大統領就任式」ラテンアメリカ時報. 44(1) (通号 1312) [2001.1]
  • (共著)「(特集 2015年、よりよい世界をめざして--MDGsとJICA」JICA frontier. (73) [2005.8]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2017年版』(読売新聞東京本社、2017年)p.230
  2. ^ 「館長挨拶」外務省
  3. ^ 外務省プレスリリース「日本チリEPAビジネス環境の整備に関する小委員会及び物品に関する小委員会第1回会合の開催」平成20年4月30日
  4. ^ 外務省人事(20日付)