水主神社 (城陽市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水主神社
Mizushi Jinja Kyoto.jpg
拝所(後方は本殿)
所在地 京都府城陽市水主宮馬場1
位置 北緯34度50分36秒
東経135度45分41秒
座標: 北緯34度50分36秒 東経135度45分41秒
主祭神 天照御魂神
天香語山命
山背大国魂命
社格 式内社(大)
府社
創建 崇神天皇の御代
本殿の様式 流造
例祭 11月中旬日曜日
地図
水主神社の位置(京都府内)
水主神社
水主神社
テンプレートを表示

水主神社(みずしじんじゃ)は、京都府城陽市水主宮馬場に鎮座する神社である。式内大社で、旧社格府社

祭神[編集]

由緒によると、現在祀られている祭神は以下の十柱であるとする。

しかし、『全国神社祭祀祭礼総合調査』によると、祭神は以下の五柱とある。

  • 天照御魂神
  • 天香語山命
  • 山背大国魂命
  • 大縫命
  • 小縫命

延喜式神名帳』によると、「水主神社 十座 並大 月次新嘗 就中同水主坐天照御魂神水主坐山背大国魂命神二座預相嘗祭」とあることから、当初は祭神が十柱いたこと、そのうちの二柱が天照御魂神、山背大国魂命であることが窺える。

歴史[編集]

創建[編集]

社伝によると、崇神天皇の時代、豊鋤入姫命をして天照大神を倭笠縫邑に遷し、また淳名城入姫命をして、倭大国魂命を倭、山背大國魂命を山背の二国に祀らしめたとし、このうち山背に奉斎したのを当社とする。『新撰姓氏録』(815年)に「山城国神別 水主直 火明命之後也」とあることから、本来はこの水主直が祖神である天火明神(天照御魂神)を奉斎した神社と推測される。

概史[編集]

天安2年(858年)に雨乞、貞観元年(859年)には風雨祈祷がされるなど、国史では当社への祈雨奉幣のの記事が散見され、更に『延喜式臨時祭では祈雨神祭八十五座に選定されているなど、祈雨に対し霊験が強いとされていた。『延喜式神名帳』では大社に列格した。

神階[編集]

境内[編集]

拝殿より奥は鉄格子に守られており、本殿や境内社も含めいずれもその中にあるため、本殿前まで近寄ることはできない。正面に水主神社本殿があり、左側に樺井月神社(後述)、右側に衣縫神社が鎮座する。

樺井月神社[編集]

樺井月神社
Kabaitsuki Jinja Mizushi.jpg
所在地 京都府城陽市水主宮馬場1
位置 北緯34度51分17秒
東経135度47分22.4秒
座標: 北緯34度51分17秒 東経135度47分22.4秒
主祭神 月読命
社格 式内社(大)
創建 不詳
本殿の様式 流造
例祭 2月20日
テンプレートを表示

樺井月神社(かばいづきじんじゃ)は、水主神社の境内社である。式内大社

歴史[編集]

創建年代は不詳だが、同じ綴喜郡の式内社に月読神社があり、関係性が指摘されているほか、かつては月読神社と共に大住に鎮座していたとされる。しかし、木津川の氾濫により社殿を流失し、1672年寛文12年)に水主神社の境内に遷座した。以降は水主神社の兼掌となった。

神階[編集]

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス