水内駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水内駅
みのち
Minochi
安野 (4.1km)
(1.4km) 坪野
所在地 広島県佐伯郡湯来町下
所属事業者 西日本旅客鉄道
所属路線 可部線
キロ程 36.2km(横川起点)
電報略号 ノチ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線→1面1線
乗車人員
-統計年度-
29人/日(降車客含まず)
-2002年-
開業年月日 1954年(昭和29年)3月30日
廃止年月日 2003年(平成15年)12月1日
備考 路線廃止にともなう廃駅。
テンプレートを表示

水内駅(みのちえき)は広島県佐伯郡湯来町下(現在は広島市佐伯区湯来町下)に存在した西日本旅客鉄道(JR西日本)可部線廃駅)である。

湯来町唯一の駅であったが、可部線非電化区間(可部 - 三段峡間)の廃線に伴い2003年平成15年)12月1日に廃止された。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線と、南側の線路(下り線)に隣接して1線の側線(行き止まりの留置線)をもつ地上駅であったが、晩年は南側の線路(下り線)と側線は撤去され、単式ホームとなっていた。コンクリート造り・平屋建ての駅舎があったが、無人駅であった。駅舎とホームは下り線を渡る通路で結ばれ、ホームの東側に繋がっていた。

駅の周辺[編集]

駅前には広場があった。

可部線の南側を並走する国道191号までは幾分か距離があり、その間は湯来町道で結ばれている。国道191号の南側には太田川が流れている。

駅周辺は佐伯郡湯来町下の太田川左岸地域で、湯来町中心部や湯来温泉に行くには山県郡加計町(現:安芸太田町)を通らないと行けない事実上の飛び地である。

歴史[編集]

  • 1954年昭和29年)3月30日 - 国鉄可部線 布 - 加計間開通時に開業。一般駅
    • 当時の所在地表示は広島県佐伯郡水内村下であった。
  • 1956年(昭和31年)9月30日 - 湯来町成立に伴い、所在地表示が広島県佐伯郡湯来町下になる。
  • 1961年(昭和36年)5月1日 - 貨物の取扱を廃止(旅客駅となる)。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 荷物の取扱を廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR西日本が継承。
  • 1991年平成3年)10月30日- 無人駅
  • 2003年(平成15年)12月1日 - 廃止。

駅名の由来[編集]

駅のある地域の村名(広島県佐伯郡水内村)から。

現状[編集]

駅跡地は水内駅公園として整備されており、ホームの一部などが残されている。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
可部線
安野駅 - 水内駅 - 坪野駅

関連項目[編集]