水城せとな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
水城 せとな
生誕 (1971-10-23) 1971年10月23日(49歳)[1][2]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1993年(平成5年) -
ジャンル 少女漫画
代表作放課後保健室
失恋ショコラティエ
脳内ポイズンベリー
受賞 第36回講談社漫画賞少女部門
(『失恋ショコラティエ』)
公式サイト ◆◆◆ ミズシログ ◆◆◆
テンプレートを表示

水城 せとな(みずしろ せとな、1971年[1]10月23日[2] - )は、日本漫画家。女性。血液型はA型[2]

来歴[編集]

1992年、第31回小学館新人コミック大賞に入選。翌年、『プチコミック』(小学館)4月号掲載の『冬が、終わろうとしていた。』でデビュー[2]。当時のペンネームは「水鳴さやか(みずなり・さやか)」。

以後、『別冊少女コミック』(小学館)、『月刊プリンセス』(秋田書店)、『月刊フラワーズ』(小学館)、『Cocohana』(集英社)など女性向け漫画雑誌を中心に活動。2000年頃まではビブロス芳文社ボーイズラブ誌にも作品を発表していた。代表作に『放課後保健室』、『失恋ショコラティエ』、『脳内ポイズンベリー』など。

『失恋ショコラティエ』など近年の作品は男性読者も多いことで知られる[3]

  • 2004年、『月刊プリンセス』7月号より「放課後保健室」を連載開始。
  • 2008年、『月刊フラワーズ』増刊『凛花』3号より「失恋ショコラティエ」を連載開始(後に『月刊フラワーズ』本誌へ移動)。「放課後保健室」がアメリカ合衆国の12歳から18歳までのティーン世代の読書活動を支援するヤングアダルト図書館サービス協会により、ティーン世代に向けたお薦めグラフィック・ノベルのベスト10に選ばれる。
  • 2012年、「失恋ショコラティエ」で『第36回講談社漫画賞』少女部門を受賞。
  • 2014年、『VoCE』(講談社)1月号から12月号にかけて「柘榴姫社交倶楽部」(絵:樋上公実子)を連載。『仮面ライダー鎧武/ガイム』に駆紋戒斗役で出演した小林豊が歌う「恋するスイーツレシピ」シリーズの作詞を担当。
  • 2016年、『イブニング』(講談社)14号より「世界で一番、俺が◯◯」を連載開始。
  • 2020年、『月刊フラワーズ』(小学館)6月号より「黒薔薇アリス D.C.al fine」を連載開始。

作品リスト[編集]

小学館から刊行された作品[編集]

  • 小学館/フラワーコミックス
    • 100万ドルの女(短編2作含む)
    • ふたりのために世界はあるの。
    • そこは眠りの森
    • 少女人形-水城せとなコレクション1-(短編集)
    • オートマチック・エンジェル(全2巻)
    • アレグロ・アジタート(全2巻)
    • TWINS-水城せとなコレクション2-(短編集)
    • ダイアモンド・ヘッド(全5巻)
    • メゾン・ド・ビューティーズ(全3巻)
  • 小学館/モバフラ フラワーコミックスα
    • 恭一&今ヶ瀬シリーズ
  • 小学館/ジュディーコミックス
    • 窮鼠はチーズの夢を見る(1巻、恭一&今ヶ瀬シリーズ1作目)
  • 小学館/フラワーコミックスα
  • 小学館/フラワーコミックススペシャル
    • 水城せとな The Best Selection(全1巻、単行本未収録だった「ストレイシープ」他、「最後の晩餐」「そこは眠りの森」収録)
  • 小学館/小学館文庫
    • 100万ドルの女
    • 少女人形
    • オートマチック・エンジェル(全2巻)
    • アレグロ・アジタート
    • ダイアモンド・ヘッド(全3巻)
    • メゾン・ド・ビューティーズ(全2巻)

小学館以外の出版社から刊行された作品[編集]

  • 講談社/KCデラックス
    • 柘榴姫社交倶楽部(絵:樋上公実子)
  • ビブロス/Be×Boyコミックス
    • 彼岸過迄(※絶版)
    • スリィピングビューティ(※絶版)
    • ヴァイオリニスト(全2巻 ※絶版)
    • 同棲愛(全11巻 ※絶版、新装版全8巻)
  • 青磁ビブロス/Zeroコミックス
    • ミスターマーメイド(※絶版)
  • 芳文社/花音コミックス
    • いつか好きだと言って(※絶版)
    • 1999年七の月〜上海(全4巻 ※絶版、文庫全2巻)
  • 大都社/ダイトコミックス
    • 植物図鑑-水城せとな作品集-(短編集 ※絶版)

アンソロジーコミック[編集]

  • 少女漫画家さんちの猫(小学館/ショート猫漫画も収録 ※絶版)
  • 幻想奇譚〜ミステリ&ファンタジー〜(小学館)

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 失恋ショコラティエ(2014年1月13日 - 3月24日、フジテレビ系)

映画[編集]

ドラマCD[編集]

  • 同棲愛
  • 放課後保健室
  • 窮鼠はチーズの夢を見る
  • 俎上の鯉は二度跳ねる ドラマCD
  • 俎上の鯉は二度跳ねる ドラマCD 後編
  • 黒薔薇アリス
  • 失恋ショコラティエ ドラマCD Vol.1・2

テレビ出演[編集]

著名なファン[編集]

  • サンキュータツオ(お笑いコンビ米粒写経、トークユニットアニメ会所属)
    • 絶版作品も含めた全作品を集めている。水城せとな研究家を自称している程の大ファン

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]