水妖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水妖(すいよう、みずあやかし)とは、などに水辺に住む妖精怪物のこと。

water maid (水の乙女)という異名があるようにウィンディーネローレライ(一般的には淡水に住む者とされるが、マーメイドセイレンなど海に住む者を含む場合もある)など美しい女性の姿をしていることが多く、その美貌と美しい歌声で若い男性を誘って海に沈めたり、乗船を難破させたりすると考えられている。

ただし、世界には様々な水妖が存在し、ヨーロッパにおける水妖の祖とされているギリシア神話プローテウスも普段は男性の姿であったとされており、日本河童も水妖の一種である。日本の古典『今昔物語集』では、池の近くに身長約3尺(約90センチメートル)の老人が現れ「水の精(みづのたま)[1]」と名乗る話がある[2]。また、の姿で出没するものも存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『図説 日本妖怪大全』(ISBN 978-4-06-256049-8)などの水木しげるの著書では「水精の翁(すいせいのおきな)」の名で記述されている。
  2. ^ 著者不詳「冷泉院水精成人形被捕語第五」『今昔物語集』4、馬淵和夫・国東文麿・稲垣泰一校中・訳、小学館〈新編 日本古典文学全集〉、2002年、31-33頁。ISBN 978-4-09-658038-7。

関連項目[編集]