水尻駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水尻駅
駅全景(2008年7月24日)
駅全景(2008年7月24日)
みずしり
Mizushiri
小屋浦 (2.2km)
(2.5km)
所在地 広島県安芸郡坂町字水尻
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 Y 呉線
キロ程 79.3km(三原起点)
電報略号 スシ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
87人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1999年平成11年)2月7日[1]
備考 無人駅[1](自動券売機 有)
テンプレートを表示
出入口兼改札口(2008年12月30日)
ホーム(2008年12月30日)

水尻駅(みずしりえき)は、広島県安芸郡坂町字水尻にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)呉線[1]

駅構造[編集]

島式1面2線のホームを持つ、行違い設備を備えた[1]地上駅。当駅両端のポイントは両開き分岐であるが分岐角が小さく、通過列車はあまり減速の必要がないよう配慮されているが、駅周辺の線形が悪い為通過列車は60km/h前後で通過する。1番線が上り本線、2番線が下り本線である。呉駅管理の無人駅[1]であるが、自動券売機が設置されている。

当駅は駅舎が無いため、2007年の自動改札機導入の際はホームへ通じる跨線橋の手前に簡易駅舎を建てて、簡易自動改札機が1台導入され、ホーム上の券売機が移設・更新された。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 Y 呉線 上り 竹原方面
2 Y 呉線 下り 海田市広島方面

のりば番号は駅掲示時刻表による。

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
出典
2001年(平成13年) 92 [2]
2002年(平成14年) 90 [3]
2003年(平成15年)
2004年(平成16年)
2005年(平成17年)
2006年(平成18年) 74 [4]
2007年(平成19年)
2008年(平成20年)
2009年(平成21年)
2010年(平成22年)
2011年(平成23年) 75 [5]
2012年(平成24年) 74 [5]
2013年(平成25年) 84 [5][6]
2014年(平成26年) 80 [5]
2015年(平成27年) 86 [5]
2016年(平成28年) 91 [5]
2017年(平成29年) 87 [5]

当駅は開業以来、呉線の駅で最も乗車人員が少なかったが、2016年度以降は須波駅が最少となっている。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

その他[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
Y 呉線
快速「通勤ライナー」・快速「安芸路ライナー」
通過
普通
小屋浦駅 - 水尻駅 - 坂駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 広駅 - 呉駅間は8月20日から暫定的な部分運転を実施[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 鉄道ジャーナル』第33巻第4号、鉄道ジャーナル社、1999年4月、 83頁。
  2. ^ 中国新聞(炎の鉄板)おこのミュニケーション, 中国新聞, (2003-08-25), オリジナルの2004-06-22時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20040622140635/http://www.chugoku-np.co.jp/okonomi/communication/O303082501.html 
  3. ^ 「飲食・小売の出店を科学する出店戦略情報局」のアーカイブデータ
  4. ^ JR坂駅周辺地区交通バリアフリー基本構想 (PDF)”. 広島県安芸郡坂町 (2008年4月30日). 2016年12月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 国土数値情報 駅別乗降客数データ
  6. ^ 坂町地域公共交通網形成計画 (PDF)”. 広島県安芸郡坂町 (2016年3月). 2016年12月21日閲覧。
  7. ^ 「西日本豪雨(平成30年7月豪雨)」に伴う運転状況などについて(2018年8月22日時点):JR西日本
  8. ^ 「西日本豪雨(平成30年7月豪雨)」に伴う運転状況などについて(2018年9月11日時点):JR西日本

関連項目[編集]