水島臨海鉄道港東線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
港東線
MR DE70-701.jpg
港東線の列車
DE70形701号機とコキ100系貨車
(水島 - 東水島、2010年4月14日)
概要
起終点 起点:水島駅
終点:東水島駅
駅数 2駅
運営
開業 1962年7月1日 (1962-07-01)
所有者 倉敷市交通局水島臨海鉄道
使用車両 水島臨海鉄道#車両を参照
路線諸元
路線総延長 3.6 km (2.2 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
運行速度 50 km/h[1]
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
凡例
STR
水島本線
BHF
0.0 水島
ABZgl STR+r
STRr STR
水島本線
eDST
3.3 東水島 (1) 1966?-1972
STR
日鉱前 -1966?
KDSTe
3.6 東水島 (2) 1972-
倉敷貨物ターミナル - 東水島間の区間列車(2012年6月6日)

港東線(こうとうせん)は、岡山県倉敷市水島駅から東水島駅に至る水島臨海鉄道鉄道路線である。貨物営業のみを行っている貨物線である。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1962年昭和37年)7月1日 倉敷市営鉄道として水島駅 - 日鉱前駅(現在の東水島駅)間 (3.3km) が開業
  • 1966年(昭和41年)以前 日鉱前駅を東水島駅に改称
  • 1970年(昭和45年)4月1日 水島臨海鉄道に譲渡
  • 1972年(昭和47年)3月15日 東水島駅を移転、0.3km延長

駅一覧[編集]

水島駅 - 東水島駅

接続路線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 寺田裕一『日本のローカル私鉄 (2000)』 - ネコ・パブリッシング

関連項目[編集]