水平感染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

水平感染(すいへいかんせん、horizontal infection)とは感染様式の一つ。水平伝播とも呼ばれる。接触、飲食物、空気、ベクターなどを介することにより個体から個体へと感染すること。垂直感染が縦の広がりとすると、水平感染は横の広がりということが言える。水平感染により広がる感染症としてインフルエンザ口蹄疫などが存在する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 大里外誉郎編 『医科ウイルス学 改訂第2版』 南江堂、2000年 ISBN 4524214488
  • 獣医学大辞典編集委員会編 『明解獣医学辞典』 チクサン出版、1991年 ISBN 4885006104