水戸光子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みと みつこ
水戸 光子
水戸 光子
本名 関場 ミツ子
生年月日 (1919-03-23) 1919年3月23日
没年月日 (1981-04-05) 1981年4月5日(62歳没)
出生地 日本の旗 日本福島県大沼郡
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動内容 1934年松竹入社、デビュー。
1945年結婚、引退。
1946年復帰。
1947年松竹退社。
配偶者 森川信(1946年離婚)
主な作品
映画
暖流』(1939年 吉村公三郎
桜の国』(1941年 渋谷実
父ありき』(1942年 小津安二郎
』(1948年 木下惠介
女の顔』(1949年 今井正
源氏物語』(1951年 吉村公三郎)
あの手この手』(1952年 市川崑
雨月物語』(1953年 溝口健二
悲しみは女だけに』(1958年 新藤兼人
荷車の歌』(1959年 山本薩夫
1948年

水戸 光子(みと みつこ、1919年〈大正8年〉3月23日 - 1981年〈昭和56年〉4月5日)は、日本の女優。本名:関場 ミツ子

略歴[編集]

福島県大沼郡新鶴村(現会津美里町)境野出身。

岡崎市立高等女学校(現・愛知県立岡崎北高等学校)を中退した翌1934年(昭和9年)、名古屋万平ホテルから熱海の万平ホテルへ移って働いていたところ、たまたま宿泊していた松竹の井上伊三郎取締役にスカウトされ、松竹蒲田撮影所に入社[1]

同年大晦日封切りの正月映画『大学の若旦那・日本晴れ』端役にてデビュー。いわゆる「大部屋」の無名女優として[1]3年間の下積みを重ね、1938年(昭和14年)1月に準幹部へと昇進。その後はB級作品ながら主役をつとめるようにもなった。

1939年(昭和14年)吉村公三郎監督の映画「暖流」の看護婦・石渡ぎん役に抜擢され、当時すでに脚光を浴びていた後輩の高峰三枝子と競演して一躍人気を獲得し、以後主演女優として第一線で活躍。

1945年(昭和20年)、俳優森川信と結婚。女優業を引退して一児をもうけたが翌年には離婚し、同年10月公開の『お光の縁談』(池田忠雄監督)で早くもスクリーンに復帰した。明るい庶民的な役を演じる一方、松竹を離れてからは『』『王将』『戦火の果て』『雨月物語』『大阪の宿』などで汚れ役もこなして演技の幅を広げた。

1981年(昭和56年)死去。62歳没。

エピソード[編集]

  • 昭和28年の『雨月物語』での女房役で、敗残兵たちに輪姦される場面があった。輪姦そのものの場面は描かず、こと終わって湖畔にボロきれのように打ち捨てられた水戸の姿を映すのだが、監督溝口健二がどうしても水戸の演技が気に入らない。何度も撮り直すうちに、業を煮やした溝口は「もっと感じを出して下さい、君には一体、(輪姦された)経験がないんですか!」と怒鳴った。水戸はその時は気がつかなかったが、あとでその意味がわかって腰を抜かさんばかりに驚いたという[2]
  • 昭和10年代に国民的アイドルの一人となった水戸[3]だが、昭和49年、戦後29年目にしてルバング島から帰還した小野田寛郎少尉が「好きな女性のタイプ」として水戸光子(当時54歳)の名前を挙げ、話題となった[1]
  • 同期にデビューした高杉早苗桑野通子水戸光子原節子の4人をはじめとする戦前からのスター女優について、エッセイスト三國一朗は、公私に亘るすべての点で後年のスターとは雲泥の差があり、その名に匹敵する貫禄をそなえていた[1]と述べている。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 大学の若旦那・日本晴れ(1934年)
  • 若旦那 春爛漫(1935年) - 女学生 役
  • 有りがたうさん(1936年) - 旅芸人 役
  • 人妻椿 後篇(1936年) - 芸妓 役
  • 新道(1936年)
  • 花嫁かるた(1937年) - エマ子 役
  • 荒城の月(1937年) - 敬子 役
  • 君と歌へば(1937年)
  • 奥様に知らすべからず(1937年)
  • 恋も忘れて(1937年) - ホテルの女 役
  • 愛に生きるもの(1937年)
  • 花形選手(1937年) - ハイキングの女 役
  • 母と子(1938年) - しげ子 役
  • 愛染かつら 後篇(1938年) - 木村かつ子 役
  • 南風(1939年) - 喜多敬子 役
  • 妹の晴着(1939年) - 須藤清子 役
  • 心の太陽(1939年) - かず枝 役
  • 続愛染かつら(1939年) - 木村かつ子 役
  • 新女性問答(1939年) - 雪子 役
  • 桑の実は紅い(1939年) - あき 役
  • 愛染かつら 完結篇(1939年) - 木村かつ子 役
  • 暖流(1939年) - 石渡ぎん 役
  • 絹代の初恋(1940年) - おのぶ 役
  • 美しき隣人(1940年) - 秋本邦子 役
  • 桜の国(1941年) - 矢島新子 役
  • 父ありき(1942年) - ふみ 役
  • 南の風 瑞枝の巻 (1942年) - お玉 役
  • 続南の風(1942年) - お玉 役
  • 花咲く港(1943年) - お春 役
  • 海軍(1943年) - 飛田中佐夫人 役
  • 不沈艦撃沈(1944年)
  • 水兵さん(1944年)
  • 歓呼の町(1944年) - たか子 役
  • 激流(1944年) - 泉ゆき 役 
  • 君こそ次の荒鷲だ(1944年) - シゲ
  • 乙女のゐる基地(1945年)
  • お光の縁談(1946年) - お光 役
  • 最後の鉄腕(1947年) - マダム夏代 役
  • 情炎(1947年) - ひろ子 役
  • 飛び出したお嬢さん(1947年) - 時子 役
  • 女だけの夜(1947年) - 香川京子 役
  • 土曜夫人(1948年) - 中瀬古陽子 役
  • 愛情十字路(1948年) - 谷牧子 役
  • 駒鳥夫人(1948年) - 及川美也子 役
  • 肖像(1948年)
  • (1948年) - 敏子 役
  • 王将(1948年) - 坂田小春 役
  • 殺すが如く(1948年) - 戸田絢子 役
  • 新愛染かつら(1948年) - 高石かつ枝 役
  • 女の顔(1949年) - 塚田和子 役
  • わが恋は燃えぬ(1949年) - 作次郎の娘千代 役
  • 母三人(1949年) - 時子 役
  • 愛染草(1949年) - 秋之山銀子 役
  • どぶろくの辰(1949年) - 妻しの 役
  • わたしの名は情婦(1949年) - 安原妙子 役
  • 白鳥は悲しからずや(1949年) - 田ノ上和子 役
  • 妻も恋す(1950年) - 千栄 役
  • 美貌の海(1950年)
  • 戦火の果て(1950年)
  • 紅蝙蝠(1950年) - おりん 役
  • 愛と憎しみの彼方へ(1951年) - 坂田まさ江 役
  • 泥にまみれて(1951年)- 鶴岡志乃 役
  • 源氏物語(1951年) - 葵の上
  • 雪割草(1951年) - 真島順子 役
  • あの手この手(1952年) - 近子 役
  • 雪崩(1952年) - 妻時枝 役
  • 雨月物語(1953年) - 阿浜 役
  • 慾望(1953年) - 梶原咲枝 役
  • 丹下左膳(1953年) - 櫛巻お藤 役
  • 砂絵呪縛(1953年) - お酉 役
  • 続砂絵呪縛 雪女郎(1953年) - お酉 役
  • 金色夜叉(1954年) - 赤極満枝 役
  • 大阪の宿(1954年) - おりか 役
  • 沓掛時次郎(1954年) - おきぬ 役
  • 宮本武蔵(1954年) - お甲 役
  • 続宮本武蔵 一乗寺の決闘(1955年) - お甲 役   
  • 新・平家物語 静と義経 (1956年)  - 北条政子
  • 悲しみは女だけに(1958年) - 春江 役
  • 人間の壁(1959年) - キヨ子 役
  • 荷車の歌(1959年) - ナツ 役
  • 次郎物語(1960年) - 本田お民 役
  • (1966年) - お貞 役
  • 陸軍諜報33(1968年) - 山本民子 役
  • 戦争と人間 第一部 運命の序曲(1970年) - お滝 役
  • 戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河(1971年) - お滝 役
  • 戦争と人間 第三部 完結篇(1973年) - お滝 役

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『昭和の歴史:第2巻』小学館、1984年、44頁。
  2. ^ 『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』(サンケイ出版)
  3. ^ 『昭和の歴史:第2巻』小学館、1984年、45頁。