水戸北スマートインターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水戸北スマートインターチェンジ
Mito-N-smartIC.jpg
切り替え前のスマートインターチェンジ入口
所属路線 E6 常磐自動車道
IC番号 9-1
料金所番号 04-026
本線標識の表記 国道123号標識 水戸北 水戸
起点からの距離 87.7 km(三郷IC/JCT起点)
田野PA (2.1 km)
(6.1 km) 那珂IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0123.svg国道123号
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道51号標識
茨城県道・栃木県道51号水戸茂木線
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道63号標識
茨城県道63号水戸勝田那珂湊線
供用開始日 2009年4月1日
通行台数 x台/日
スマートIC 24時間
所在地 311-4206
茨城県水戸市飯富町
テンプレートを表示

水戸北スマートインターチェンジ(みときたスマートインターチェンジ)は、茨城県水戸市常磐自動車道上にあるインターチェンジ(本線直結型スマートインターチェンジ)。本項では、高速バスストップの「水戸北スマートインター」バス停についても記載する。

城里町茂木町の最寄りICである。

概要[編集]

水戸市飯富町に位置する常磐自動車道上のスマートインターチェンジ (SIC) で、日本初の本線直結型スマートICとして、2006年平成18年)9月25日から社会実験による供用を開始し、2009年(平成21年)春に設置の恒久化が決定、同年4月1日から本供用を開始した[1]

社会実験の開始当初、全国のスマートICで唯一、自動二輪車による利用が出来なかったが、供用開始後に自動二輪車通行の要望・問合せが多く寄せられたことから、2008年(平成20年)10月27日午前10時から自動二輪車の通行が開始された。

東京方面出入口のみのハーフインターチェンジとして開通したが、地元の要望などにより、フルIC化されることになり、いわき方面出入口は茨城国体前の2019年令和元年)9月7日に供用開始された[2][1]

歴史[編集]

接続する道路[編集]

上り出入口

下り出入口

水戸北スマートインターバス停[編集]

本ICの入口には、高速バスの停留所とパークアンドライド有料駐車場(1回500円)が設置されており、東京駅行きの高速バス「みと号」の一部が発着する。

内原BS - 水戸北スマートインター - 渡里小学校入口

なお、本停留所には一般路線バスは乗り入れておらず、一般路線バスでの最寄り停留所は茨城交通[40][41]石塚車庫行き、[45]御前山行きの「睦」バス停が最寄りとなる。

社会実験期間[編集]

  • 2006年(平成18年)9月25日 - 2009年(平成21年)3月31日

[編集]

E6 常磐自動車道
(9)水戸IC - 田野PA - (9-1)水戸北スマートIC - (10)那珂IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 前島智仁「常磐道 水戸北、フルIC化 19年秋めどに供用」『茨城新聞クロスアイ』茨城新聞社、2017年12月29日。2018年7月28日閲覧。
  2. ^ a b “E6常磐自動車道『水戸北スマートインターチェンジ』が令和元年9月7日(土)17時に「いわき方面も出入り可能」になります” (PDF) (プレスリリース), 水戸市・東日本高速道路株式会社関東支社, (2019年8月9日), https://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/kanto/h31/0809/pdfs/pdf.pdf 2019年8月9日閲覧。 
  3. ^ スマートインターチェンジ”. 茨城県 (2019年8月14日). 2019年10月14日閲覧。
  4. ^ [E6]常磐自動車道(上り線)水戸北スマートIC入口 夜間閉鎖のお知らせ(2018年7月9日),2019年9月9日閲覧。
  5. ^ 水戸の国道、那珂川氾濫で浸水 ホームセンター水没”. 日本経済新聞 (2019年10月14日). 2019年10月14日閲覧。

関連項目[編集]