水樹奈々のMの世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
GOLD RUSH > 水樹奈々のMの世界
水樹奈々のMの世界
ラジオ:GOLD RUSH 水曜日 水樹奈々のMの世界
放送期間 2008年10月1日 - 2009年3月25日
放送局 TOKYO FM
放送時間 毎週水曜日 21:30–21:55
放送回数 26
パーソナリティ 水樹奈々
ラジオ:TOKYO FM サンデースペシャル 水樹奈々のMの世界
放送期間 2009年5月31日 - 2009年5月31日
放送局 TOKYO FM
放送時間 日曜日 19:00–19:55
放送回数 1
パーソナリティ 水樹奈々
ラジオ:水樹奈々のMの世界
放送期間 2009年7月3日 - 放送中
放送局 TOKYO FM
放送時間 毎週土曜日2:30–3:00(金曜深夜) (–2010.3.26)
毎週日曜日 0:30–1:00(土曜深夜) (2010.4.3–2014.3.29)
毎週火曜日 1:00–1:30(月曜深夜) (2014.4.7–)
放送回数 400(2017年4月3日放送分まで)
ネット局 エフエム愛媛
毎週日曜日 20:30-21:00 (2016.4.3-2016.9.25)
毎週日曜日 3:00-3:30(土曜深夜) (2016.10.2–11.27)
毎週日曜日 2:00-2:30(土曜深夜) (2016.12.4–)
パーソナリティ 水樹奈々
テンプレート - ノート

水樹奈々のMの世界』(みずきななのエムのせかい)は、TOKYO FMで放送中のラジオ番組パーソナリティ水樹奈々で、彼女の冠番組である。

概要[編集]

元々は、TOKYO FM の曜日替わりパーソナリティでの帯番組GOLD RUSH』の水曜版『GOLD RUSH 水樹奈々のMの世界』(ゴールドラッシュ みずきななのエムのせかい)として、2008年10月1日から2009年3月27日まで毎週水曜日に放送されていた。半年間全26回放送され、帯枠の消滅とともに終了した。

2009年6月3日に自身の7作目のオリジナルアルバムULTIMATE DIAMOND』が発売されることを記念して、『TOKYO FM サンデースペシャル 『水樹奈々のMの世界』』(トウキョウ エフエム サンデースペシャル みずきななのエムのせかい)として復活。2009年5月31日に放送時間を55分に拡張して1回限り放送された。

その後、放送時間帯を変えて番組が再開されることが発表され、2009年7月3日より、毎週金曜日に時間を移して放送されている。さらに2010年4月3日の第40回からは土曜深夜に枠移動した。2013年6月1日で放送200回を迎えた(放送休止の5回を除く)。そして、2014年4月7日の第244回からは月曜深夜に枠移動された。

なお、放送回数は『GOLD RUSH』時代と現在の単独番組では別カウントになっており、番組再開時の2009年7月3日放送は単独番組化第1回となる。

長らく東京ローカルであったが、2016年4月3日より、水樹の出身地である愛媛県エフエム愛媛でも放送を開始した[1][2]。エフエム愛媛では初回のみ同局向け裏送りによる特別版を放送し、翌週からは第348回以降をTOKYO FM基準で6日遅れで放送。

放送概要[編集]

TOKYO FM
放送期間 曜日 放送時刻 分数 回数 枠の名
2008年10月01日 2009年03月27日 21:30 21:55 25 26 GOLD RUSH 水曜日
2009年05月31日 2009年05月31日 19:00 19:55 55 01 TOKYO FM サンデースペシャル
2009年07月03日 2010年03月26日 26:30 27:00 30 39
2010年04月03日 2014年03月29日 24:30 25:00 204
2014年04月07日 放送中 25:00 25:30
エフエム愛媛
放送期間 曜日 放送時刻 備考
2016年04月03日 2016年09月25日 20:30 21:00
2016年10月02日 2016年11月27日 03:00 03:30 (土曜深夜)
※通常FM愛媛は03:00で放送終了するがこの期間のみ終了時刻を繰り下げた。
2016年12月04日 放送中 02:00 02:30 (土曜深夜)

コーナー[編集]

基本的にはGOLD RUSH時代からの引継。「コトバのチカラ」はサンデースペシャルでも行なわれた。しかし、火曜未明(月曜深夜)への枠移動後は、全編を単発企画に充てる度合いが増えており、「ULTIMATE TOP 7」「7(奈々)のお知らせ」以外のコーナーの実施機会は減少している。

GOLD RUSH からのコーナー[編集]

水樹7の質問
水樹へどうしても聞きたい質問をぶつけるコーナー。ただし、「7」とあるように7コ質問を考えないとならない。
m-pod シャッフル
水樹のiPodに入っている曲の中から、リスナーの要望するテーマに沿った曲をセレクトする。
コトバのチカラ〜声に出して読んで欲しい日本語〜
水樹に読んでほしい日本語を受け付ける。大抵、キャラクターと言葉を設定される。
当初は毎週行われていたが、火曜未明(月曜深夜)への枠移動後は事実上不定期にしか行われていない。
7(奈々)のお知らせ
自身のライヴ予定やCD発売などの情報を発信する。

番組独立後のコーナー[編集]

ULTIMATE TOP 7
自身にまつわる事や興味のあることをカウントアップ形式で紹介し、7位をリスナーに当ててもらう。
出題編を放送した数週後の放送で解答編を行う。
M セレクション
アーティストや著名人にインタビューし、思い出のアニメソングを紹介してもらい、その楽曲について語ってもらうコーナー。
Mの会議室
新コーナーについて会議する不定期コーナー。
放浪お姉さん奈々
水樹が恋愛等の悩み相談に答える。

選曲[編集]

水樹の曲以外はJ-POPが多い。コーナー「m-pod シャッフル」や「M セレクション」でその傾向が強い。その他「椎名へきる みたいラジオ」 (TFM) や「白石涼子の聞かなきゃ☆そん♪Song!」 (QR) で同じような傾向がみられる。ただし、2012年5月26日配信分では、ノエル・ギャラガー(ドリーム・オン以外は全てオアシス)の曲を流している。オアシスの曲からは、リトル・バイ・リトル、ドント・ルック・バック・イン・アンガー(m-podシャッフル内)、ホワットエヴァー(ED)が流れた。

エンディングテーマ曲[編集]

これまで11曲がCD発売時に公式に「『水樹奈々のMの世界』エンディングテーマ曲」とされている。

これら以外に、エンディングテーマ曲が週替わりとなる時期があり、新譜からピックアップしたり、リスナーからのリクエストに応えたりもしている。

エンディング中に曲の最後までかけ終わった場合は、クロスフェードして別の曲が始まる。

放送期間[* 1] [* 2] タイトル CDリリース日 収録CD
2009年01月07日 2009年03月18日 G15 G25 午前0時のBaby Doll 2009年01月21日 深愛
2010年01月01日 2010年03月26日 027 039 Song Communication 2010年01月13日 PHANTOM MINDS
2010年07月03日 2011年07月30日 053 106 ストロボシネマ 2010年07月07日 IMPACT EXCITER
2011年08月06日 2012年11月24日 107 173 Stay Gold 2011年08月03日 純潔パラドックス
2012年12月01日 2013年07月20日 174 207 ダーリンプラスティック 2012年12月12日 ROCKBOUND NEIGHBORS
2013年07月27日 2014年03月29日 208 243 ドラマティックラブ 2013年07月31日 Vitalization
2014年04月07日 2015年04月13日 244 297 セツナキャパシティー 2014年04月16日 SUPERNAL LIBERTY
2015年04月20日 2015年10月19日 298 324 レイジーシンドローム 2015年04月22日 Angel Blossom
2015年10月26日 2016年12月05日 325 383 コイウタ 2015年11月11日 SMASHING ANTHEMS
2016年12月12日 2017年07月10日 384 414 Please Download 2016年12月21日 NEOGENE CREATION
2017年07月17日 現在 415 Poison Lily 2017年07月19日 Destiny's Prelude
  1. ^ この期間の内、1週だけ週替わりのエンディングテーマ曲に選ばれることもあるが、期間にそれは含めていない。
  2. ^ 「G」は『GOLD RUSH』枠内。

番組へのアクセス[編集]

ハガキ
〒102-8080 TOKYO FM「水樹奈々のMの世界」
メール
7@tfm.co.jp
メールマガジン
放送日(水曜→金曜→土曜→月曜)夕方に配信される、MUSIC VILLAGE のメルマガサービス。『GOLD RUSH』時代と金曜深夜時代の前半は「○の世界」と題し、A~Zまで一つの言葉をピックアップしていた(例:第1回「Aの世界」)。2010年1月からは新コーナー〝Mの穴〟が始まった。番組に届いたメッセージの中から一つをピックアップする。
なお、2014年4月より放送日が月曜に変更となったが、配信は当初土曜夕方のままで、2015年1月より月曜に変更となる。

ゲスト出演[編集]

コメント出演のみの場合は備考欄に※を記載する。

放送日 ゲスト 備考
GOLD RUSH 内
2009年01月14日
2009年01月21日
016
017
能登麻美子
2009年03月25日 026 水木一郎
単独番組化
2009年11月20日 021 HIMEKA
2010年01月01日 027 水木一郎
2010年06月05日 049 中島愛
2010年07月10日 054 ささきいさお
2010年07月17日 055 松本零士
2010年07月24日 056 下川みくに
2010年08月07日 058 宮野真守
2010年08月21日 060 秦基博
2010年09月04日 062 クレモンティーヌ
2010年09月11日 063 ジェシー・カーマイケル
マルーン5
2010年10月23日
2010年10月30日
069
070
ゆでたまご 第1回Mデミー賞特別審査員
2011年02月19日 086 能登麻美子
2011年03月26日 089 畠山航輔 3月12日放送予定が延期
2011年04月09日 091 ミランダ・コスグローヴ 水樹は海外ドラマ『iCarly』で彼女が演じるカーリーの日本語吹き替えを担当している※
2011年04月16日
2011年04月23日
092
093
水沢史絵 ハートキャッチプリキュア!』での共演者
この他、2014年6月30日放送(#256)は水樹の急性声帯炎に伴う代理パーソナリティ
2011年05月07日 095 杉田智和
2011年05月21日 097 上松美香
2011年06月04日 099 小西克幸
2011年06月18日 101 福圓美里 文化放送水樹奈々 スマイル・ギャング』とのコラボレーション企画
2011年07月23日 105 沢城みゆき
2011年08月27日 110 中村悠一
2011年09月24日 114 井上喜久子
2011年10月08日 116 久我真樹
2011年10月15日 117 渡辺格, 坂本竜太[3]
2011年12月17日 126 水木一郎
2012年01月28日 131 高山みなみ 水樹の誕生日祝いのため出演。
2本録りの1本目である第130回にもエンディングに登場。
2012年03月03日
2012年3月010日
136
137
水田わさび 水樹の『ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜』ゲスト出演の縁
2012年04月28日
143 MEG
2012年06月16日 150 渡辺格, 大平勉[3]
2012年08月25日 160 瀬戸麻沙美
2012年10月27日
2012年11月03日
2017年02月20日
2017年2月027日
169
170
394
395
林原めぐみ シャーマンキング』他での共演者
水樹の『林原めぐみのHeartful Station』や『林原めぐみのTokyo Boogie Night』ゲスト出演の縁
2013年01月19日 181 中村修司, 門脇大輔[3]
2013年03月09日
2013年3月016日
188
189
松本保典
2013年04月20日
2013年4月027日
194
195
藤野浩一 LIVE GRACEでのオーケストラ指揮者
2013年06月15日
2013年6月022日
202
203
串田アキラ
2013年07月06日 205 北島健二, 渡辺豊[3] LIVE CIRCUSツアーのリハーサルスタジオにて収録
2013年08月31日 213 アントキの猪木
2013年10月26日 221 西川貴教
2014年01月25日 234 三嶋章夫, 京極夏彦 「NANA WINTER FESTA 2014」一日目(2014年1月18日有明コロシアム)にて公開録音
2014年05月26日 251 松永俊弥, 福長雅夫
2015年01月05日 283 坂本竜太, 藤陵雅裕[3]
2015年02月16日 289 刈谷勇
2015年03月02日
2015年03月09日
2015年03月17日
2015年11月02日
2015年11月09日
291
292
293
326
327
野島裕史 [4]
2015年06月29日 308 渡辺格, 市川祥治[3]
2015年12月28日
2016年01月04日
334
335
松本梨香
2016年04月04日
2016年4月011日
348
349
大平勉, 松永俊弥,
坂本竜太, 北島健二[3]
LIVE GALAXYのリハーサルスタジオにて収録
2017年04月17日 402 ぷりあでぃす玲奈
2017年10月16日 428 安部礼司(現・小林タカ鹿)
2017年11月20日 433 横山直弘(感覚ピエロ
2018年01月08日
2018年1月015日
440
441
田中理恵[5], 中條三菜子 LIVEの女性スタッフ 
2018年02月05日 444 ゲッターズ飯田
2018年02月26日 447 谷山紀章 LIVE GATE 2018での共奏者(ゲスト)
2018年03月19日 450 KEIGO,KOHSHI(FLOW
2018年04月16日 454 クリス・ハート
2018年05月07日
2018年5月014日
457
458
武田真治
2018年05月28日 460 ヨシダタクミ
2018年06月18日
2018年6月025日
463
464
蒼井翔太
2018年07月30日 469 高橋洋子
2018年10月15日 480 植田佳奈 魔法少女リリカルなのはシリーズ』での共演者
2018年12月03日
2018年12月10日
487
488
スガシカオ LIVE GATE 2018での共奏者(ゲスト)
2019年01月07日 491 佐藤公勇
2019年02月04日
2019年2月011日
495
496
野沢雅子 水樹の『ドラゴンボール超 ブロリー』ゲスト出演の縁
2019年06月010日 513 日笠陽子 戦姫絶唱シンフォギアG』以降での共演者
座長公演『水樹奈々大いに唄う 伍』での共奏者(ゲスト)
  1. ^ FM愛媛Facebook『水樹奈々のMの世界がFM愛媛に登場!』
  2. ^ これに伴い、第348回からはオープニングの「今宵、午前○○までの30分間」の文言が「ここからの30分間」に変更され、番組タイトルを読み上げる際の「TOKYO FM ミッドナイトプログラム」の呼称も行わなくなった。
  3. ^ a b c d e f g 水樹のライブにおけるバックバンド「チェリーボーイズ」の一員として出演。
  4. ^ 11月2日と9日はロケ形式で、JFNC制作『サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン』との事実上の相互乗り入れ企画。『ツアー・オブ・ジャパン』側では、TOKYO FM基準11月7日・14日放送分(#6・#7)でこの模様を取り上げている。
  5. ^ 声優の田中理恵とは無関係。

生放送[編集]

2008年12月24日と2009年3月25日(『GOLD RUSH』内第13回・第26回最終回)は生放送だった。また、単独番組化後も2015年10月26日(第325回)、2017年12月11日(第436回)にTOKYO FM において生放送を行っている。

放送休止[編集]

土曜日放送時代には、23時台の『桑田佳祐のやさしい夜遊び』が年数回程度、2時間拡大スペシャルとして放送されるため、該当する日の『Mの世界』は休止されていた。これまで2011年2月26日・2011年6月25日・2012年2月25日が該当。なお、2011年2月26日は番組始まって以来初めての休止であった。それ以外の休止例は以下の通り。

  • 2011年3月12日 - 東日本大震災関連の特別番組放送のため。当日放送を予定していた内容の一部(畠山航輔とのゲストトーク部分)は翌々週の3月26日に改めて放送された。
  • 2011年12月31日 - TFMをkeyとするJFN全国ネットのカウントダウン特番『ゆく年くる年 DEAR PARTNER〜次の豊かさへ〜』を放送するため。
TOKYO FM 水曜21:30 - 21:55枠
前番組 番組名 次番組
Daily Planet
Dr.ホリンキー診療所
GOLD RUSH
水樹奈々のMの世界
JACK IN THE RADIO
TOKYO FM 金曜26:30 - 27:00枠
SCHA NOVA -スチャノヴァ-
(パーソナリティ:スチャダラパー
水樹奈々のMの世界
TOKYO FM 土曜24:30 - 25:00枠
水樹奈々のMの世界
TOKYO FM 月曜25:00 - 25:30枠
01 Night Factory
Doll☆Elementsの「どるラジ」
※火曜日同時間帯へ枠移動
水樹奈々のMの世界
---