水沼窯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

水沼窯(みずぬまよう)は現在の宮城県石巻市に所在した中世陶器の窯跡。北上川旧河口の近隣で発見され、平安時代末期の12世紀前半に開かれたとみられている。斜面を利用した半地下式の窯(窖窯)で分焔柱をともなっており、渥美焼の強い影響のもとで生まれた。渥美焼を写した壺、鉢などの陶器が焼かれていた。奥州藤原氏が、渥美焼を地元で作るために尾張国などより工人を招聘して開窯させたと考えられている。

関連項目

今日は何の日(1月23日

もっと見る

「水沼窯」のQ&A